つくば市議会議員 山本みわ 議員活動日記

**大好きなつくばの未来あなたとつくりたい!**
誰にでもわかる市政ニュース&子育て情報をお届けします

安心・安全

学校給食食材の放射能測定検査

山本みわです。

つくば市では10月27日(木)から食品放射能測定システム機器を導入し、幼稚園、小・中学校、及び保育所の給食の食材について放射能検査を実施し始めました。

初日の検査に立ち会ってきました。

ここまで、測定が遅くなってしまったのは、機器の納品が遅れたため。
つくば市では、測定機器は1台のみ。

午前中は、市民個人農家の農産物及び市民菜園の農作物を測定。
測定希望者は、事前に農業課へ電話予約が必要です。

代表番号029−883−1111
   ⇒ つくば市HP参照


午後は給食食材を測定。

給食の食材については、
@毎日、2つの学校給食センターごと(全6センター中)、1保育所(全23保育所)ごと

@翌日に使用する食材の中から2〜3品目

@当日納品される肉や魚についても適宜サンプリング検査を実施

検査結果については、毎日 午後4時までにホームページで公表

となっています。

  ⇒ 学校給食食材の放射能測定検査について(市HP)
  ⇒ 公立保育所給食食材の放射能測定検査について(市HP)



各測定は、あらかじめミキサーでみじん切りにした状態で、検査場の方に持ち込み、
1品目10分〜15分程度で判明。
効率よく行えば、もう少し測定できるはず。
せっかく測定するのだから、市民の安心のためにも、もう少しペースをあげられないものでしょうか。

導入直後ですので、様子をみながら、またご報告いたします。

ちなみに学校給食センターの11月献立の食材産地一覧が公表されていますので
こちらからどうぞ ⇒ 11月食材産地一覧



「つくば市における更なる防災体制構築に関する要望書」を提出

山本みわです。

DSC02646


5月6日に
「つくば市における更なる防災体制構築に関する要望書」を
つくば市公明党会派として提出しました。

東日本大震災後に、
皆様から頂いたご意見などから
早急に見直すべきことなどを
全体観〜個別問題までまとめました。

しっかりと、取り組んでまいりたいと思います。

要望書は続きで⇒
続きを読む

安心安全調査特別委員会

安心安全調査特別委員会の任期もあとわずか。
12月には委員改選になります。

どうしたら、市民のための活動ができるのかと考えてスタートした
安心安全調査特別委員会の「市内通学路危険箇所調査」。
小学校・中学校51学区すべて5箇所ずつあげてもらい現地調査と改善対策
しています。
朝9時〜夕方までかかり、8回実施し、あと2回で全校終了します。
なぜか猛暑、厳寒の時期が多く、忘れられない活動になります。
しかも、市内全域を歩くことが出来、勉強にもなりました。

道路課、生活安全課、教育委員会、土浦土木事務所、つくば中央警察交通課
に同行いただき、その場で解決策を模索。
すぐに、対処できるものもあれば、どう考えても対処不能な箇所もありました。

しかし、こういう議会活動こそ、市民のための活動といえるのではないでしょうか。
今期の安心安全調査特別委員会のメンバーは、県外視察を取りやめて、市内の調査に徹しました。
この経験を忘れないで、これからの活動に活かしていきたいです。

有名なセリフでありましたよね。
「事件は会議室で起きているんじゃない!!」
そのとおり!

安心安全調査特別委員会通学路調査

fe43d27c.jpg


今日は特別委員会で第3回目の通学路危険箇所点検を行いました。
二の宮小・並木小・手代木南小・手代木中・松代小
各3〜5箇所ずつ、学校側・道路課・生活安全課・教育委員会学務課・中央警察道路交通課職員が同行して行われました。
これだけ集まると、話は早い早い!
議会主導でなければ、なかなかここまでは動かないと思います。
今年いっぱいに、全学校区点検行います。

夜は、公明党をサポートするいばらきの会つくば支部の山本の所属するチームの会議がありました。参院選に向けての活動の確認がありました。

会派視察

公明党つくば市議会として厚木市と小田原市の取り組みについて
視察してまいりました。

厚木市ではWHO(世界保健機構)によるセーフコミュニティ認証取得に向けた取り組みをしています。
日本では昨年、京都府の亀岡市が日本で初めて取得し、十和田市に続き厚木市が3番目として予定されています。
セーフコミュニティとは、事故やけがのほか、犯罪・暴力・自殺など私たちの安全・安心なくらしに脅威となるすべての事象が対象です。
事故や怪我は偶然の結果ではなく、科学的数値的データを活用し、原因・課題を徹底的に解明し予防できるという理念の下、市民の方々や関係機関、そして行政や警察が連携・協働して等が協働して実施し、子どもからお年寄りまでもが安心して安全に暮らせるまちづくりです。
20万人都市であることと、都心からの距離感などつくば市と近しい点からぜひ、学ぶべきことがあるのではないかと提案し訪問させていただきました。
また、自治基本条例の制定への取り組みにも着手しています。
なにより厚木市のHPは、高く評価されているだけあって完成度の高いものであります。→こちら

小田原のことはまた後日記載します。
最後に秋葉原にある《つくば市東京事務所》に寄りました。
このことも後日記載します。


10002d69.JPG
383b6881.JPG
1d517576.JPG
2f27aed4.JPG
5a62bb78.JPG


死亡事故激増

今日は、本会議2日目、議案上程説明(行政側から提示される議案)も午前中で終わり、午後は田村けい子県会議員と浜中勝美市議と共につくば中央警察署へ伺いました。
【交通課で】
県警からの交通安全情報メールにもありましたが、県内での交通事故死が激増していて、昨日、本年4回目の「交通死亡事故多発警報」が発令されました。つくば中央署管内で11月だけでも4件。うっかりぼんやりが多いとのこと。
特に茨城は運転のマナーが悪いのだとか。
.好圈璽匹僚个靴垢
黄色信号で止まらない
9膺泙遅い
何かと忙しない師走です。お互いに気をつけましょう。

【生活安全課で】
振り込め詐欺
つくばでは今年21件発生3件の未遂がありました。被害総額は2649万0937円
つくば中央警察署としても独自の対策に取り組み、つくば中央地区金融機関防犯連絡会と共同で65歳以上の方に注意を促す葉書を発送したとのこと。先日もテレビで特集していましたが、『私は大丈夫!』と思っているあなたが一番危ないです。
我が家でも、東京の実家にオレオレ電話が…主人の名を語って携帯の番号を変えたから!と言ってきたとのこと。母もつい息子の名前を言いながら「しんちゃんなの?本当にしんちゃん?」…でも変だなあと思ったらしく「お父さんに代わるわね」の一言で電話は切れたとか。その後、母は私に電話をかけてきて「しんちゃん電話番号変わった?変な電話があったんだけど…」と、急に出先で言われると、とっさのことに一瞬判断が鈍る自分がいました。
50代40代の方も被害に遭われているそうです。あなたも気をつけてください。意外と他人事ではないことです。



プロフィール

山本みわ

ごあいさつ
子育て真っただ中!子どもを生み育てる中で"つくば"を永住の地と定め、「子どもたちの未来のために、今、自分にできることに全力で取り組みたい!」その思いから立ち上がりました。女性としての視点を大切にし「このまちにずっと住みたい!」といっていただける"つくば"を創ってまいります。皆様の力強いご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
記事検索
以前の記事
話題別
ご訪問ありがとうございます
  • 累計: