つくば市議会議員 山本みわ 議員活動日記

**大好きなつくばの未来あなたとつくりたい!**
誰にでもわかる市政ニュース&子育て情報をお届けします

議会

2017年6月議会開会

【6月議会開会します】

山本みわです。

しばらくこちらの投稿をお休みしてしまいました。
今後しっかり、皆さまに活動報告と情報発信をしてまいりますのでよろしくお願いします。

さて、明日、6月12日より、つくば市議会6月定例会が開会。

<報告案件>
・東京事務所の平成30年3月末での閉所
・市長公約のロードマップの公表
・総合運動公園用地の今後の大規模事業の進め方に関する方針

の3件が報告されます。
どれも、非常に関心の高い内容です。
明日の行政報告を受けて、皆さまに報告します。

<一般質問> 
16人。
6月19日〜21日の3日間。

私は、受付4番で、19日(月)の午後の予定です。
今回も5点。

1.つくばセンター付近を含む中心市街地のこと、
2.障害者優先調達法に基づく取り組み、
3.子ども・子育て支援、
  ・子育て総合支援センターの中核的役割、
  ・子ども子育て会議での質の議論
  ・病児病後児保育(訪問型)の提案
  ・学童クラブの不足
4.地域との連携による学校防災、
5.学校の環境整備のゴミ処理の問題

5項目について、取り組みます。
西武閉店後の、つくばセンター地区の再構築について
しっかりとした議論をしてまいりたいと考えています。

ご意見、応援よろしくお願いします。

通告書

「きずなメール」導入実現しました!

6月議会






山本みわです。
昨日から、つくば市議会6月定例会 一般質問が始まりました。
私は2番目の登壇。
質問項目は5項目。

1.きずなメールの導入について
2.保育士確保について
3.シティセールスについて
4.防災備蓄について
5.生活困窮者支援について

今日はまず、「きずなメール」の導入のご報告から。

きずなメールは産前産後ケアの「孤育て」予防の取り組みとして、昨年9月議会で提案いたしました。
 田村けい子県議会議員との協同で取り組んでおりますが、
このほど、茨城県が国の「地域少子化対策強化事業交付金」を活用し、モデル事業として導入!
県内10市町村の選定につくば市も通り、「つくばde子育てすくすくメール」として7月1日よりスタートすることになりました。
このモデル事業は、立ち上げの初期費用を全額、県が持ってくれるもので、今年度の反響を見て、市として事業継続(市負担)していくか決めるものです。

若いママさんたちとの、署名・要望活動が実ったものです!


出産予定日だけで、他の個人情報の入力なく登録できます。
登録すると、以下のようなメールが妊娠期には毎日、産後には3日に1度のペースで届きます。
018e58913acce2cb21d58877b4bf3b2faa64de9a1701610727a62178bc7c25e25a0636ee574d59d32453











妊婦の方や乳幼児の保護者が、安心して出産や子育てができるように、おなかの赤ちゃんの様子や産後のお子さんの成長・発達、子育てサービス等タイムリーな情報をメールマガジン形式で。
。内容は、産婦人科医、助産師、小児科医、歯科医、管理栄養士という大勢の専門家の協力を得て、原稿が作られていますので、安心です。

このメールは、NPO法人きずなメール・プロジェクトが運営しています。
きずなメールプロジェクト


先進取り組みの文京区、江東区、中央区、相模原市などでは、好評で、読者アンケートなどによると
満足度97%の圧倒的な支持が得られているようです。

文京区子育て応援メール 読者アンケート結果(平成26年度)

また、メールを通して、ご夫婦やご家族との会話が増え、コミュニケーション促進にも役立つ一面が。
詳しくは、7月1日付広報つくばに掲載されます。

つくば市議会基本条例策定

山本みわです。

12月議会で、つくば市議会もいよいよ
『議会基本条例』を策定しました。


「議会って何をしているのか、よくわからない…」

おそらく、多くの方がこのような認識をされていると思います。
議会改革とは、住民のみなさんの声を行政に生かせるように、
議会の構造や考えを変えていく取り組みです。

そして、その取り組みを「目指します!」とするだけでなく、
みなさんとしっかり約束するために、
議会のあり方、理念や方向性などを定めたものが
『議会基本条例』です。

様々な考えの議員が集まっているため、
合意形成していくのには大変な労力がかかりました。
条例策定だけで4年の歳月を尽くし、
まだまだ細かい課題について議論が続きます。

特に「開かれた議会」「身近な議会」にしたいというのが
つくば市議会の想いです。

【開かれた議会めざして】
わかりやすい議会だよりや、情報発信。 
議会での議論の過程や資料の公開。
議員個々の議案に対しての賛否の公表。


【身近な議会をめざして】
議会報告会の開催。
市民の皆様と直接意見交換する機会の工夫。

などが今後順次進んでいくこととなります。

議会活性化推進特別委員会(12名)に公明党の小野泰宏市議が委員長として、
山本みわが委員として議論をリードしてきました。

公明党は全国で議会改革の推進を進めています。
これからも、できるところから一歩ずつ、継続的に議会改革を進めていきたいと思います。

つくば市議会基本条例
つくば市議会基本条例解説

つくば市入札制度調査特別委員会開催

14時より第2回入札制度調査特別委員会が開催されました。
6月議会において、設置動議され賛成多数により委員会設置。
私も、微力ながら委員としてこの議論に加わらせて頂くことになりました。

私たち公明党としては、一般競争入札の拡大に対しては「賛成」の立場であります。
更なる公正・公平・透明性を高めるために絶えず制度の検討が必要であり、審議されるよう強く希望するものから、特別委員会の設置に賛成をいたしました。
特別委員会の定員は15名。
設置に反対した方は、原則委員会のメンバーにはなれません。
賛成会派ごとにドント方式で委員選出がされました。
人数の多い会派から一番多くの委員を選出できるという方式です。
今回は「条件付一般競争入札全面移行を求める決議案」を出した親政の会(7人)から4人、
つくば市民政策研究会(6人)から3人、
つくばクラブ(5人)から3人、
公明党(4人)から2人、
民主党(2人)から1人、
ひとり会派のネクストつくばから1人、活力ある日本を創る市民会議から1人

反対したのは、共産党、市民ネットワーク。
退席して、意思表明をしなかったのは、愛してるつくば。

そして、今回「条件付一般競争入札全面移行を求める決議案」にも、公明党は賛成いたしました。
この件については、3月議会にも提出されていましたが、あまりにも内容が不十分で乱暴な提出のされ方であったため、賛同できるものではありませんでした。一般競争入札全面移行する際に懸念される
(1)過度な競争
(2)品質低下
(3)現場で働くすべての労働者への配慮
などの対応が不十分でありました。
しかし、6月議会に提出された決議案においてはそのあたりの懸念事項への対応策が明記されており、賛成するに値するものと判断した次第です。
特に、
*低価格入札
*ダンピング入札
*電子入札
*公契約条例  など。

採決された決議案を元に、議論が深まり、つくば市における入札事情が改善されることを願うものです。

さて、本日の委員会においては、
行政改革担当理事により21年9月にまとめられた報告書
「つくば市における入札・契約(建設工事)の現状と改善の方向」
を元に、つくば市の一般競争入札の現状について担当課(総務部契約検査課)より説明と、質疑応答がありました。17時閉会。



3月度定例議会一般質問通告

昨日締め切りの3月定例議会の一般質問の通告をしてきました。
今回の内容は以下の通り

1.女性特有のがん対策について
女性特有のがん対策についての市の見解を伺います   
1)女性特有のがん検診平成21年度の実施状況について
2)来年度以降の計画と予算措置について
3)女性特有のがん検診受診率向上への取り組みについて
4)子宮頸がん予防ワクチンの公費助成について
5)その他の女性の健康増進への取り組みについて

2.ペットと共生するまちづくりについて
ペットは社会の構成員として欠かせない存在となっている
現在、「ペットと共生するまちづくり」という観点につい
ての市の見解を伺います
1)市における犬の登録数について
2)犬猫引取り・一時預かり・譲渡について
3)市民への動物愛護意識の啓発について
4)学校教育との連携について
5)販売業者への啓発について
6)飼い方マナーに関することについて

3.つくば市の学校給食について
「つくば市立学校給食センター整備基本計画(案)」が
公表されたことに関連して市の見解を伺います
1)衛生的な施設の確保について
2)効率のよい調理環境の確保について
3)食育の啓発施設としての施設整備の充実について
4)環境に配慮した施設整備であることについて
5)維持管理の効率化について
6)子供たちへの健康を第一に考えた給食について
7)完全米飯給食の導入について


学校給食に関する資料の中で、今回手にした、幕内秀夫氏の『変な給食』
幕内氏は茨城県生まれ。「粗食のすすめ」で有名になった方です。
変な給食変な給食
著者:幕内 秀夫
販売元:ブックマン社
発売日:2009-12-05
おすすめ度:3.5
クチコミを見る


これが「生きた教材」?
☆・エクレアパン
 ・白菜のクリーム煮
 ・黄桃ヨーグルトがけ
 ・牛乳

☆・きつねうどん
 ・いちご蒸しパン
 ・牛乳

☆・ちくわサンド
 ・ミネストローネ
 ・ほうれん草のサラダ
 ・牛乳

☆・生クリームサンド
 ・やきそば
 ・牛乳

でも、これ見ても何がいけないの?って思う人いるのだと思います。
確かに、コンビニで買っちゃうときとか、大人ならありうる組み合わせですよね。でも、これ「給食」ですよ!
学校給食法には「児童生徒の心身の健全な発達に資し…」
と?食育?とうたわれる学校給食ですよ。
小さい頃に何を食べていたかで、その人の人生の味覚が決まるともいわれています。学校給食は毎日のことです。絶好の食育のチャンス。
今の子どもたちは(子どもだけではないけど)油分・糖分を取りすぎていることからアレルギーなどの急増と関係があるとも言われています。

つくば市の給食の献立をまじまじと見ちゃいましたよ。
この本の中に、茨城県の学校はほとんど出てきません。(ホッ)
これに比べればつくば市の献立はまともだと思います。
でも、栄養士さんは別としても、つくば市全体として理念がないように思います。
その辺を質していきたいです。

議会開会

83043088.jpg

本日より12月議会が開会しました。
専決処分報告2件と、
「つくば市職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について」市長より上程があり、質疑、討論、採決が行われ、原案可決されました。
給与改正によって、
12月期末手当で1億1千万の減額。
年間給与で121万の減額。
市長をはじめとする特別職で88万9千の減額。
議員報酬で415万の減額になります。

17日に残りの議案30件、請願6件、陳情1件について採決いたします。

会期日程⇒つくば市議会HP

【今日の一冊】
ぜったいがっこうにはいかないからね―チャーリーとローラのおはなしぜったいがっこうにはいかないからね―チャーリーとローラのおはなし
著者:ローレン チャイルド
販売元:フレーベル館
発売日:2004-03
おすすめ度:4.5
クチコミを見る

昨日の姉妹本です。
いもうとの言い分は「どっちにしろ、あたしはがっこうへいってるじかんなんかないとおもうの。いえですることがたくさんあって いそがしいから」


12月定例議会

2f449618.jpg

12月定例議会が11月30日(月)から開会します。
会期は12月17日(木)まで
一般質問は8、9、10日になります。
私の質問は10日の予定です。


今回は、
1、放課後子どもプランの進捗状況と課題について
2、相談・窓口業務のワンストップ化とコンシェルジュサービスの提案
3、二ノ宮公園の時計台の修繕について
質問します。

私事ですが、40までいよいよ秒読みになってまいりました。
複雑な心境です。

【今日の一冊】
皆さん、よく知っているお話ではありますが、本によって随分違うんですよ。
これは海外秀作として知られる一冊。現実的で一種残酷で、子供向けではないという意見もあるようですが、子どもの感受性はどう捉えるのでしょうか…
絵の繊細さが気に入っています。
最近の日本では、まったく別世界の話とはいえないような…

ヘンゼルとグレーテル―グリム童話ヘンゼルとグレーテル―グリム童話
著者:ヤーコプ・ルートビッヒ・グリム
販売元:ほるぷ出版
発売日:1983-01
おすすめ度:4.0
クチコミを見る

一般質問準備

今日は一日、一般質問の資料整理・準備に明け暮れました。

6月度定例議会開会

6月度定例議会が開会されました。
6月に入り、皆さんクールビズの様相でした。
一般質問は9日10日11日
総務常任委員会と文教福祉常任委員会は、12日
環境経済常任委員会と都市建設常任委員会は 15日
議決・閉会は 18日です。

午後は4日に行う子育てママさん向けの女性フォーラムの打合せ・準備
「はっぴー子育てフォーラム」と題し、イーアスホールで開催します。

・茨城県保険予防課職員の方による「よくわかる食育講座」
・子育て中のママ、ファイナンシャルプランナーによる
 「子育てママに必要なマネープラン」
・親子でリフレッシュタイム
・田村けい子県会議員による「茨城県の子育て支援策について」

という内容です。

皆さんにいいものを提供できるよう頑張っています。


その後、市民相談を受け桜庁舎に伺いました。

一般質問通告

やっと、一般質問の通告書を提出しました。
今回の質問の内容は以下の通りです。


1.女性の健康問題 がん検診について

(1)今年度、女性の健康支援対策事業が大幅に拡大され、乳がんや骨粗しょう症などの予防に役立つ事業を展開し、健康パスポート発行や女性の健康実態調査、がん予防と連携した取組みなどが各地で実施されています。つくば市における取り組みについて伺います。
 
(2)がん検診の効果や必要性などの情報提供にどのように取組んでおられるのか、また、がん予防推進員の養成・活用について伺います。

(3)新経済対策でも子宮頸がんでは20歳から40歳まで、乳がんは40歳から60歳の間、それぞれ5歳刻みの対象者の検診の無料化などが打ち出されています。つくば市における取り組みについて伺います。

(4)平成19年度実績によると、つくば市における女性特有の乳がん受診率は4.9%で県の平均の7.38%、国の平均12.9%を下回っていますが、国が平成18年度に策定した「がん対策推進基本計画」では平成23年度までにがん検診の受診率を50%以上にするとの目標を定めています。つくば市における今後の取り組みについて伺います。



2.児童福祉  児童館の活性化について

(1)つくば市立児童館条例の中で、指定管理者制度を導入した大曽根児童館における事業には他の児童館にはない事業や機能を付加しておりますが、その効果・実績について伺います。

(2)現代の子どもたちの現状にあって、「遊び」の重要性が見直されています。「児童に健全な遊び及び生活の場を与え,その健康を増進するとともに情緒を豊かにし,もって児童の健全な育成を図るため」には専門職員の支援が不可欠であります。つくば市における児童厚生員もしくは専門性を身につけた職員の配置の現状と養成計画について伺います。

* * * * * * * * * * * * * * *

6月度定例議会は6月1日(月)10時開会です。
一般質問は9日(火)10日(水)11日(木)各日10時〜
私は今回11番目ですので、10日(水)の予定になります。

場所は谷田部庁舎4階の議場です。
どなたでも傍聴できます。事前申し込みはありません。
当日直接いらしてください。

* * * * * * * * * * * * * * *


午前は、今年度初のつくば市地域活動連絡協議会(九重児童館)
昨年度一年間、運営委員でしたので今日はその最後のお勤めでした。
次回からは、松代母親クラブの一員として参加します。

午後は公明党つくば支部の女性委員さんとの定例会

夜は、私主催の党員会を開催いたしました。
・ゴミカレンダーをもっと見やすくしてほしい
・分別収集しているが、処分の実態はどうなっているのか
・クリーンセンターの熱の利用について
・市営駐車場の料金体系について
・健康健診の受診体制について
・市報はじめ市からの情報について
・自治会のあり方、区会費について

など様々なご意見をいただきました。 


プロフィール
ごあいさつ
子育て真っただ中!子どもを生み育てる中で"つくば"を永住の地と定め、「子どもたちの未来のために、今、自分にできることに全力で取り組みたい!」その思いから立ち上がりました。女性としての視点を大切にし「このまちにずっと住みたい!」といっていただける"つくば"を創ってまいります。皆様の力強いご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
記事検索
以前の記事
話題別
ご訪問ありがとうございます
  • 累計: