つくば市議会議員 山本みわ 議員活動日記

**大好きなつくばの未来あなたとつくりたい!**
誰にでもわかる市政ニュース&子育て情報をお届けします

日々の活動

たたけ肝炎ウィルス

山本みわです。
要望が実現したのでご報告します。

過去のC型肝炎検査で
「感染している可能性が極めて高い」という結果が出た方に
早期受診・早期治療を勧める通知を出すよう要望しました。

肝炎ウイルス検査で陽性と分かりながら、
医療機関を受診していない人は4割近く!
国内最大の感染症と言われる【ウイルス性肝炎】は
自覚症状がないことが多く、本人が気づかないうちに
肝硬変や肝がんへ移行してしまう可能性が高いのです。

<肝がん>は
主要ながんの中でも生存率が低く、
肝がんの原因は
B型肝炎ウィルス 約15%
C型肝炎ウイルス 約60%
約75%は肝炎ウィルスに因るものと言われています。

その一方で、
C型肝炎の治療はたいへん進歩していて、
ほとんどの場合、飲み薬でウイルス駆除ができるようになってきました。

「たたけ!肝炎ウィルス」のリーフレットは
佐賀大学を中心に作られ
リーフレットを活用した受診勧奨の取り組みで
大きく効果をだした佐賀県や静岡県の事例から、
茨城県での導入を
田村けい子県議会議員と共に推進しました。

2017年3月
茨城県でリーフレットを導入し、
各市町村に配布されましたが、活用には至っていませんでした。
そこで、つくば市へ提案したもので、
受診勧奨を積極的に進めるようお願いしました。

2017年4月21日要望書提出。
【C型肝炎検査を過去受診した方への受診勧奨に関する要望】

その後
部内検討をしていただき
通知文、たたけ肝炎ウイルスのリーフレット等、陽性対象者に送付していただくことになりました!

平成27年以前にC型肝炎陽性と診断された方の中には、
「過去の治療で完治しなかった方」、
「インターフェロン治療の入院や副作用から治療を躊躇していた方」
「外来通院だけでウイルス排除できることを知らない方」
も大変多くいる現状があります。

C型肝炎に関しては、平成27年以降に発売された経口剤によって
治療が劇的に進歩していることから、
過去の検査で、陽性者
(少なくとも特定感染症事業が開始され、県として
C型肝炎陽性者の情報を把握されている
平成20年〜)に対して、
「たたけ肝炎リーフ」と「C型肝炎ウイルスの治療」等の最新情報をお知らせし、
一刻も早く早期治療に繋げていただくようお願いしたものです。


最終的に5月17日付で
対象者で、現在つくば市在住の方、
約60名に郵送されました。

早期治療により、重篤な症状にならないよう、できることから始めてまいります。

C型肝炎対策要望書たたけ肝炎ウイルスリーフ

竜巻災害から3年

山本みわです。

かつてない被害模様が全国に衝撃を与えた竜巻災害から3年。

2012年5月6日
東日本大震災から1年、まさか!の出来事。
「風の津波」とは、まさに言い得た表現。
死者1名、損壊家屋1000軒を超える被害でした。

北条2012北条2012 4北条2012 2






やっと竜巻の傷跡は、目に見える形ではなくなりました。
今年も復興祈念の「春の北条市」が開催され多くの人で賑わい、
地区対抗のバケツリレーや、筑波大生による竈(かまど)プロジェクト、
地震体験車もきて、【災害時の備え】について考える機会となりました。
地震体験車で、久しぶりに東日本大震災「震度7」を体感しましたが、
本当にこれが直撃した時には、何もできないことを再認識。
災害に備える意識が大切です。

01d6785bbf2f7fd0d8fe4a24841f9571b59669acc901a33acf143ccab0e641f48526e79a30e1edbe9b3e





北条地区を襲った12時46分には竜巻の犠牲になられた方に弔意を表し、1分間の黙とう。

0115e14679ddd75b76ff5cbfcaef1c6e64f62baf1c






議員としても、防災士としても、一市民としても、”忘れてはならない”災害の爪痕。
東日本大震災と竜巻災害は、私の活動の原点です。
想定できるなら心配ありません。想定できないのが災害の怖さ。
だから、応用力をつけ、どんなことにも、どんなときにも対応できる力をつけていくしかないと考え,
日々努力したいと思います。

0130f3e1b972fd685a9a28d2fd21694b187bcdcc820120c4aae082b72b433c29bdeeecee22217e5bc82c








おまけはフックン船長、ツクツク、市民活動センターキャラのぴよちゃんとの3連写(笑)
01f6a1fb6e3b9d5e768468c89ee72c04c83a01dca0018877ecff4c1bd790b20fa8dfa54f452dfb98f7750156cf434aa16d97d855de28eff0fe22dacf21e9b6

つくバス・つくタク実車乗調査

バス調査


山本みわです。

4月からスタートしたつくば市公共交通網
「つくバス(コミュニティバス)・つくタク(乗り合いタクシー)」

皆さんから、利用してのいろんなお声をいただきました。
そこで、つくば市の公明党会派で
実車乗調査を2日間かけて行いました。

第1日目(5月31日)
 ・北部シャトル (つくばセンター⇒筑波山口)
 ・一般タクシー (筑波山口⇒筑波山神社入口)
 ・つくタク (筑波山神社入口⇒筑波窓口センター(旧筑波庁舎))
 ・小田シャトル (筑波窓口センター⇒つくばセンター)
第2日目(6月3日)
 ・南部シャトル (つくばセンター⇒茎崎窓口センター)
 ・自由ヶ丘シャトル (茎崎窓口センター⇒自由ヶ丘団地)
           (自由ヶ丘団地 ⇒ つくば市役所)
 ・作岡シャトル   (つくば市役所 ⇒ 寺具)
 ・吉沼シャトル   (吉沼交流センター ⇒ つくばセンター)


つくばの公共交通は、
6路線のシャトル便を中心部より放射状に走らせ、
30分から40分おきに運行することで利便性を
高めるようにしました。

そして、細かくは、市民の皆さんのニーズに対応できるよう
デマンドタクシー(乗り合いタクシー)によってシャトル便に
乗り継ぐようなシステムをスタートさせました。

ところが、少々難解なシステムであると共に、
利用上のさまざまな問題点も浮かび上がってきました。

実際に自分で検証してみなければいけないと思い、
今回の実車乗調査になりました。

調査を通して、感じたことは
おおまかにまとめると
〔榲(バスを利用する目線)が明確でない
△弔タクのシステムが確立されていない
市民に周知徹底されていない
け森坩兮されている側の意識に市民サービスの意識がない
イ錣りにくい、めんどくさい

公共交通活性化協議会での運行状況報告書
つくば市HPより
でもまとめられていますが、
今後、問題点を改善していく努力が早急に必要です。

今回の調査結果を精査して、
更に皆さんのご意見を集約し、
要望をしてまいります。
まとまったら、またご報告します。

これが乗り継ぎ券、運転手さんに言わないともらえません。
同じ路線の乗り降りではつかえません。
乗り継ぎ


10人乗りのジャンボタクシー 
tukutaku

公会計制度について学ぶ


山本みわです。

30日月曜日に
竹谷とし子参議院議員を訪ねてきました。
公会計制度について学ぶためです。

竹谷とし子参議院議員は、
学部は違いますが、
大学の同期生で友人です。

とし子さんは、
経営コンサルタントとして、国際的にも活躍されていた方で、
大学現役で公認会計士に合格した才女です(#^.^#)
現在の公会計制度の現金主義では見えない
将来負担や減価償却などの部分を取り入れた
発生主義の手法、複式簿記を取り入れることを
彼女は主張しています。

つくば市は
総務省の改訂モデルである、
財務諸表を作成し、公表しています。
そのことは評価すべきものと思います。

「公共施設の数が他市と比べて多い」
研究学園都市の誕生に伴い、
国が2兆円とも言われる資金を投入して、
教育施設をはじめとして多くの施設が建てられました。
今、その施設が老朽化を迎え、
耐震化の問題と共に、
今後の財政の大きな課題となっています。

現金主義では、実際に現金のやりとりがあった時に計上することで、
金利や減価償却費なども含め、
資産・負債のストック情報がありません。

区長筆頭に会計制度の改革を行った千代田区では、
事務事業のコストをフルコスト化し、
区民一人当たりのコストを明確にしています。
毎年800の事務事業の行政評価を行いながら、
同時にコストについても可能な限り
細分化していることが分かりました。

千代田区の事務事業コスト一覧の冊子には、
「事務事業のコストをしっかりと把握しておくことは、
行政の効率性を高め、
限られた財源の有効活用につながります。
また、
その事業は必要なのか、
執行方法は適切なのか、
使用料などの利用者負担は適正なのか
といった検討を促すことになります。
さらに、
サービスの利用者であり、
納税者でもある区民の皆さんに対して、
利用と負担などについての説明責任を果たし、
区政への参加を促す意味でも
欠かすことができないものです。」
と書かれています。

つくば市としても
施設の減価償却費を算出していくこと、
固定資産台帳の作成は必須であろうと思います。
地方自治体では、基本、
固定資産を統括して管理していないのです。
驚きでした。
所管ごとに管理している、いわゆる縦割りです。
しかも、どこまで情報を把握しているかもわからない、
ないものもあるといった状況なのです。

今、先進地では、
施設白書に取り組んでいる事例もあり、
武蔵野市や、習志野市などが取り組んでいます。

自治基本条例制定を目指すつくば市は、
行政側の努力として、
これらの情報を整理し
公開する必要があると思います。

宮城県災害ボランティア参加

山本みわです。

今日は日帰りで、水戸の石塚観光主催の「宮城県災害ボランティアバス」に参加しました。
甚大な被害をうけた被災地、宮城県東松島市に行ってきました。


昨日は、持ち物の準備。
スコップ…剣スコップの方が役立ったかも
作業着…長袖・長ズボン、汚れてもいいもの
帽子
長靴(安全靴)…ひざ丈のものがGOOD
ゴム手袋…厚手のものがよかったです。中に薄い群れ防止用のメッシュ手袋が便利でした。
       私は、ひじまで来るロングタイプにしましたが、よかったです。
粉塵用マスク
ゴーグル
タオル
ウエットティッシュ
土のう袋(ホームセンターで売ってます)
バールなど

水戸発で、私たちは那珂市から乗ったのでつくばを夜中の3時半に出ました。
5じに、那珂市役所前で乗車。
いざ、目的地へ。

毎回、要請のある地域へ赴きます。
今回は、東松島市の陸前赤井。

午前9時半、現地ボランティアセンター(仮の場所、今回は駅前JA敷地内)に到着し、
10人1グループに分かれ、指示を受けます。

午前中は、側溝の汚泥掻き出し。


静まり返った街の中を歩いて、作業場所へ。
どの家も、
2m近くまで、きたであろう浸水の痕が、くっきりとついていました。

側溝のふたをはずすと、
チョコレートムースのような、ヘドロの塊で埋め尽くされています。

においは、さほどきつくはありませんでした。

側溝のふたをはずすひと。
泥を掻き出すひと。
土のう袋を広げて、掻き出した泥を入れ、結ぶひと。
泥の入った土のう袋を運ぶひと。

どの作業も、腰をかがめ、重労働でした。

お昼は、現地調達のお弁当。

午後は、私たちのグループは、
個人宅の、床下のヘドロ掻き出し。


まだ、1階は生活できるような状態ではありません。
現地の皆さんは、毎日まいにち、
泥掻きと、掃除に追われ続けています。

3時に作業終了。
片づけをして、道具など洗い、
外で着替えて4時にバス出発。

まだまだ、やることはたくさんありました。
大田区、東京都、神戸、岡山などなど…
各地からのボランティアバスが来ていました。

帰りのバスは、ぐったりで熟睡でした。

是非皆さんも、参加してください。

石塚観光 ⇒ http://www.ishitsuka.co.jp/





入学式

5103d8ec.jpg

午前は小学校の入学式
大きなパイプイスに足をぶらぶらさせている新入生がかわいかったですね。
父母と教師の会会長としてご挨拶させていただきました。
新入生の保護者の役員決めもすんなりいき、ほっと一安心。

午後は中学校の入学式
6クラス192人は圧巻でした。
TX沿線開発で住人が増え、(仮称)春日小中校ができるまで、手代木中はマンモスです。
新任の教員にプロのバスケットボール選手だった今井康輔さんがいます。
長身190cm。大きくてびっくり!
レノヴァ鹿児島というチームの選手でしたが、怪我をしてプロ引退をされたそうです。手中のバスケ、気合が入るのでしょうか
来賓でみえた柿沼教育長。
「自分から逃げないでがんばってほしい」との言葉がみんなに残ってくれるといいのですが。

夜は小学校の父母と教師の会の本部役員会
随分遅くまで、かかりました。

さくらんぼ通信2010年春号

99876197.jpg

3月議会が終わっての、議員活動報告「さくらんぼ通信」が完成しました。

内容は
・女性特有のがん無料検診継続決定(つくば市)
・子宮頸がん予防ワクチンって?
・学校給食センターに関する要望書を提出
・3月議会、こんな質問しました
・発達障害児支援を考える
・つくば市の高齢者在宅福祉事業
・公明党のひとくち実績
・6月議会のお知らせ

原稿はもちろん自分で作成し、輪転機で印刷しています。
公明党茨城県本部第6総支部の、下妻市議会議員の中山勝美総支部長宅に置いてある輪転機で印刷をしています。
しもつま道の駅の近くです。

今夜必要な急ぎの印刷物を頼まれていたので、タイムリミットができました。
追い込まれないと何事も終わらない私は、下妻まで何度も行くことはできないので、これ幸いとさくらんぼ通信の仕上げをしました。
最後は、無理やり仕上げた感が。
通信作りも、だいぶ慣れてきましたが、作り上げるのはやはり大変ですね。
限られたスペースの中で、伝えたいことをどう表現するのか悩みます。
ブログとツィッターで、少しは訓練になっているのでしょうか?

次なる課題は、この通信をどうやって配布しきるかです。



党女性局予算政府案説明会

4b4b1c52.jpg


今日は一日、公明党女性局の政府予算案の説明会に参加させていただきました。
ひととおり、全省庁からのポイント説明がありましたが、中でも、気になったことを書き留めておきます。
一つは、「男女共同参画社会の実現を目指して」という冊子の掲載統計資料の中

?政策・方針決定過程への女性の参画をめぐる状況⇒
政府資料

「長寿」「教育」「所得」の水準により人間開発の達成度では179カ国中8位であるにもかかわらず、政治や経済活動への女性の参画を示すジェンダー・エンパワーメント指数では何と世界108カ国中58番目と大きく落ち込んでいます。

各分野における「指導的地位」に女性が占める割合を見ても、水準はかなり低いことに驚きました。


それともう一つは環境省で22年度から行う
子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)⇒エコチルHP
胎児期から小児期にかけての化学物質暴露が、子どもの健康に大きな影響を与えているのではないかとのことから、世界では先行してコーホート研究として実施しているところもあります。
オーストラリア1万人対象
イギリス1.5万人対象
中国25万人対象
ノルウェー10万人対象
アメリカ10万人対象予定

ここに日本が10万人の親子の追跡調査を行います。16年間かけての調査です。
期待される効果としては
1)小児の健康に影響を与える環境要因の解明
2)小児の脆弱性を考慮したリスク管理体制の構築
3)次世代の子どもが健やかに育つ環境の実現
4)国際競争と国益
であるようです。
なんとか、調査が進むよう願います。

09予算案説明会


さくらんぼメール配信はじめました!

ツイッター(ミニブログ。140字のつぶやき)もだいぶ慣れてきましたが、あまりつぶやけないですね…
でも頑張って挑戦しています。
最近テレビでもだいぶ「ツイッター」を取り上げているので、ご存知の方も増えてきているのではないでしょうか。でもまだまだ、「お菓子?」「ケンタッキー?」なんていう方が多いようです。
週刊ダイヤモンドでも特集がくまれていましたが、書店・コンビ二売り切れで仕方がないので、アマゾンで取り寄せましたよ。
ツイッターとは、メール・ブログ・チャットの長所を進化させたようなもので、すでに500万人を超える利用者がいます。
あの鳩山首相も今年から始めて話題になりました。



そして、今度はわたくし『メール配信』をスタートいたしました。
半年前から考えていたのですが、やっと実施にいたりました。

私の活動情報や市政・子育て・教育・地域情報のメール配信いたします。
登録・配信はすべて私自身が行っていますのでご安心下さい。
yahooグループのサイトを利用していますが、管理者である私の方からの一方的な情報の発信になりますので、皆さまからは投稿できないようにしてあります。
あくまでもメールマガジンになりますので、ご了承願います。

様々な情報をお役立ていただければ幸いです。不定期です。

右サイドに登録ボタンがありますので、受信したいメールアドレスを入力してください。

これからも、情報発信・活動報告に力を入れてまいります。

ハイチ大地震救援募金実施

ハイチ募金


イーアスつくばにて
「茨城県ハイチ大地震被災者救援の会:櫻井昭次会長」主催のハイチ大地震の救援募金を青年と共に行いました。
昨日よりは寒さも和らぎ、よかった。夕方のイーアスは、全駐車場が満車になるほど大盛況でした。

ここ数日、ニュースを見ながら自分に何ができるのか悶々としていました。
まずは、iTunesでネット寄付をしました。
そして、今日の活動に参加することになりました。もちろんお金がすべてではありませんし、手っ取り早いと批判されればそれまでですが、とにかくひとつ行動を起こしたかったのです。

子どもたちが、まず反応してくれて、照れながら親御さんたちが募金を用意する光景が多くありました。
また、若いギャルが横目で通り過ぎたあと、戻ってきてお小遣いから募金をしてくれたのは、本当に嬉しく思いました。

 ご協力いただきました多くの方に感謝申し上げます。募金いただきました浄財は、日本赤十字を通してハイチの被災者の方に、間違いなくお届けいたします。
プロフィール

山本みわ

ごあいさつ
子育て真っただ中!子どもを生み育てる中で"つくば"を永住の地と定め、「子どもたちの未来のために、今、自分にできることに全力で取り組みたい!」その思いから立ち上がりました。女性としての視点を大切にし「このまちにずっと住みたい!」といっていただける"つくば"を創ってまいります。皆様の力強いご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
記事検索
以前の記事
話題別
ご訪問ありがとうございます
  • 累計: