山本みわです。

私の考えを記しておきます。

「総合運動公園整備予算に対して、賛否棄権」

一昨年(平成25年)の9月議会に総合運動公園整備基金条例案が
提出され、明るみにでてきた総合運動公園整備事業ですが、私、山本みわは

アクセスの課題➡公共交通網の全面見直し
公務員宿舎廃止、高齢化を見据えた中長期財政の見通しの公表
老朽化が緊急課題のその他すべての公共施設に対するマネジメント(全施設の維持管理)の必要性

この3点について、この間、議会質問等を通して、市に対し明解な回答を求めてきました。
しかし、粗々の進捗報告は受けていたものの、市民に対し情報公表されなかったため、説明不足であるとし、今年の3月議会での総合運動公園整備に関する予算項目について、賛否を棄権いたしました。

その後、「中長期財政の見通し」が公表され、国からの補助金も内示がありました。公共施設マネジメントについても今年度着手され、公共交通網の新たな検討も始まりました。

「住民投票には“見直し”をいれた3択を主張」

住民投票請求の内容が、非常にわかりにくく、「問題提起した部分が解決されればいい」とか、「見直しをしてほしい」など多様な意見を反映するためには、「賛成」「見直し」「反対」の3択であるべきだと公明党は 主張しました。しかし、特別委員会で決定した採決をひっくり返すという横暴が行われました。

「大幅な見直しは必要!チャンスは活かし、市民のための議論を!」」

つくば市全域の全体観に立って、チャンスはチャンスとして、真摯に検討し、必要なものを無理なく、有効に活かしていけるか見極めていきたいと考えます。極端に白紙撤回などするのではなく、もっと議論が深められるようにしたいという思いを込めて、つくば市総合運動公園基本計画には「賛成」してまいります。