山本みわです。
本日、2期目の任期スタートしました。
決意新たに、お役目を全うし、説明責任を果たして参りますのでよろしくお願いします。
※公職選挙法で、「自筆の信書及び当選又は落選に関する祝辞、見舞等の答礼のためにする信書を除くほか文書図画を頒布し又は掲示すること」が禁じられています。
ご理解のほどよろしくお願いします。

画像1

初登庁で議員バッチをいただきます。
もともと議員バッチとは、議場への「通行証」として作られたもの。
国、県、市、町村と色、大きさに若干違いがありますが、
真ん中に小さく金色の菊花模様があります。
材質、値段も様々あるらしく、その自治体によって違うとのこと。
ちなみにつくば市で使用しているものは
9000円近くするものでした。
(前任期中に、一度無くして買ったので…)
画像1


さて、二元代表制の地方議員として、
\策や予算の決定
⊆更垉ヾ悗隆道
政策や条例の提案
だ治争点の提起
の役割を果たすため、
常に市民の皆様の声に耳を傾け、
議会一般質問、議案審議に努めるべきであると考え、
年4回の議会で4年間、16回の一般質問に取り組んでまいりました。

2期目の最初の議会での一般質問は、
提出順で、1番目の質問となりました。

画像1


今回の一般質問では、

1)図書館の改革を求め、4度目の質問をします。
特に市民のニーズをきちんと理解しているかどうか、
学校図書館における司書の整備拡大について取り上げます。

2)毎月第1日曜日実施されている「つくばウォークの日」について
市民の健康増進の目的に適っているかどうか確認します。

3)高齢者の肺炎球菌ワクチンの公費助成が他市町村で進んでいるので、
つくば市での実施を促します。(3度目)

4)つくば市では小学校3年生までになっている
乳幼児の医療費助成の対象拡大について取り上げます。

5)子ども子育て3法の制定に伴い、幼児期の学校教育・保育、
地域の子ども子育て支援を総合的に推進が図られることになりますが、
’定こども園制度の拡充、
認定こども園、幼稚園、保育所を通じた
共通給付(施設型給付)及び小規模保育等地域型保育給付の創設、
C楼茲了劼匹盪勸蕕道抉腓僚室
の3つが大きなポイントとなるらしい。
この新制度が本格的に動き出すのは、早ければ平成27年度ですが、
消費税率8%引き上げにあたる平成26年度から本格施行までの1年間、
保育の需要の増大等に対応するため、
新制度の一部を先取りした保育緊急確保事業(子ども子育て支援法附則第10条)
が行われることとなっています。
国の動向を見極めつつ、できる限り円滑かつ速やかに新制度を導入できるよう、
混乱を避けるため、万全の準備をしていくべきであると考え問題提起します。

12月議会は、予算編成への最後のアプローチとなりますので、
そのことを意識した質問としていきます。

12月議会は12月4日開会
一般質問は12、13、14日
インターネット放映もしています。