山本みわです。
だいふ朝晩の寒さ増してきましたね。

市内29か所にあるつくば市所管の全調整池についての、放射線量の測定結果が出ました。

29調整池、105ポイントで調査を実施。
4か所の調整池で1マイクロシーベルトを超過していました。
いずれの場所も人が立ち入れるような所ではないとのことですが、立入禁止を徹底しています。
また、通行可能な隣接道路においては、国の基準や専門家の意見から,健康に害を及ぼす値ではないとの発表。

4カ所の値は以下の通り

(数値の単位はマイクロシーベルト/時間)

場所 最大値(池の中) 最小値(池の中) 隣接道路(最大地点からの距離)
高見原1丁目  2.34 0.540 0.312(約5m)

高見原1丁目 1.21 0.313 0.297(約5m)

高見原3丁目 1.14 0.452 0.274(約5m)

自由ヶ丘 2.06 0.643 0.272(約10m)


これは,雨水とともに流れ出た泥水が浸透し,放射性物質を含んだ土が累積されたものと考えられます。
今後、放射線量を下げるための対策を講じるとのことです。

※その他の調整池の最大値は,0.081マイクロシーベルト/時〜0.747マイクロシーベルト/時でした。