山本みわです。

今日は日帰りで、水戸の石塚観光主催の「宮城県災害ボランティアバス」に参加しました。
甚大な被害をうけた被災地、宮城県東松島市に行ってきました。


昨日は、持ち物の準備。
スコップ…剣スコップの方が役立ったかも
作業着…長袖・長ズボン、汚れてもいいもの
帽子
長靴(安全靴)…ひざ丈のものがGOOD
ゴム手袋…厚手のものがよかったです。中に薄い群れ防止用のメッシュ手袋が便利でした。
       私は、ひじまで来るロングタイプにしましたが、よかったです。
粉塵用マスク
ゴーグル
タオル
ウエットティッシュ
土のう袋(ホームセンターで売ってます)
バールなど

水戸発で、私たちは那珂市から乗ったのでつくばを夜中の3時半に出ました。
5じに、那珂市役所前で乗車。
いざ、目的地へ。

毎回、要請のある地域へ赴きます。
今回は、東松島市の陸前赤井。

午前9時半、現地ボランティアセンター(仮の場所、今回は駅前JA敷地内)に到着し、
10人1グループに分かれ、指示を受けます。

午前中は、側溝の汚泥掻き出し。


静まり返った街の中を歩いて、作業場所へ。
どの家も、
2m近くまで、きたであろう浸水の痕が、くっきりとついていました。

側溝のふたをはずすと、
チョコレートムースのような、ヘドロの塊で埋め尽くされています。

においは、さほどきつくはありませんでした。

側溝のふたをはずすひと。
泥を掻き出すひと。
土のう袋を広げて、掻き出した泥を入れ、結ぶひと。
泥の入った土のう袋を運ぶひと。

どの作業も、腰をかがめ、重労働でした。

お昼は、現地調達のお弁当。

午後は、私たちのグループは、
個人宅の、床下のヘドロ掻き出し。


まだ、1階は生活できるような状態ではありません。
現地の皆さんは、毎日まいにち、
泥掻きと、掃除に追われ続けています。

3時に作業終了。
片づけをして、道具など洗い、
外で着替えて4時にバス出発。

まだまだ、やることはたくさんありました。
大田区、東京都、神戸、岡山などなど…
各地からのボランティアバスが来ていました。

帰りのバスは、ぐったりで熟睡でした。

是非皆さんも、参加してください。

石塚観光 ⇒ http://www.ishitsuka.co.jp/