安心安全調査特別委員会の任期もあとわずか。
12月には委員改選になります。

どうしたら、市民のための活動ができるのかと考えてスタートした
安心安全調査特別委員会の「市内通学路危険箇所調査」。
小学校・中学校51学区すべて5箇所ずつあげてもらい現地調査と改善対策
しています。
朝9時〜夕方までかかり、8回実施し、あと2回で全校終了します。
なぜか猛暑、厳寒の時期が多く、忘れられない活動になります。
しかも、市内全域を歩くことが出来、勉強にもなりました。

道路課、生活安全課、教育委員会、土浦土木事務所、つくば中央警察交通課
に同行いただき、その場で解決策を模索。
すぐに、対処できるものもあれば、どう考えても対処不能な箇所もありました。

しかし、こういう議会活動こそ、市民のための活動といえるのではないでしょうか。
今期の安心安全調査特別委員会のメンバーは、県外視察を取りやめて、市内の調査に徹しました。
この経験を忘れないで、これからの活動に活かしていきたいです。

有名なセリフでありましたよね。
「事件は会議室で起きているんじゃない!!」
そのとおり!