今日は午前中、松代小学校の新入生保護者説明会に、父母と教師の会(PTA)会長として出席。会の概要や活動について説明させていただきました。
入学の準備や、心構えを聞きながら、改めてハッとさせられることばかりでした。たった2年前に経験したことなんですけどね。
特に、「夜9時前には就寝、朝6時半ころに一人で起きる習慣をつける」は耳が痛かった。
また、「自分のことは自分でできるようにしておきましょう」とのことで「衣服の着替えとたたみ方」」「持ち物の確認」「持ち物の片付けと整理」…ついつい待ってあげられなくてこっちでやってしまいます。

今年度から復活した「家庭教育学級」から、公民館の社会教育指導員の先生がきてくださり、県の家庭教育ブックを使って、『親』講座も開催。
家庭教育ブックダウンロードできます⇒茨城県HPより
これはなかなかよくできていると思いますよ。
中でも、「子どもとかかわる」の6項目
1.待って見ていられますか?
2.子どもの話に耳を傾けていますか?
3.一方通行のことばで話をしていませんか?
4.お子さんのことを喜べますか?
5.しかるってむずかしいですか?
6.心の安全基地になっていますか?

大切な視点ですね。