つくば市議会議員 山本みわ 議員活動日記

**大好きなつくばの未来あなたとつくりたい!**
誰にでもわかる市政ニュース&子育て情報をお届けします

筑波山観光の現状調査

山本みわです。

今日は、筑波山に行ってまいりました。

震災以来、筑波山観光も影響を受け、
大変な状況になっているとのお話を聞き、
先日のつくバス調査時に筑波山神社入り口まで
行ったのに引き続き、今回は、ホテル・旅館の方や
土産もの屋さんに話を伺ってきました。

公明党つくば市議会として、つくば市研究学園在住の
石井啓一衆議院議員(党政調会長)
と田村けい子県議会議員と共に…

地震で、落石により、県内の女性が後日亡くなられました。
また、落石の影響により、御幸ヶ原コース(筑波山神社からスタートする、ケーブルカー沿いの登山道)
が登山禁止になっていました。

地震と、原発の放射能のことで、ぱったりと客足は途絶えました。

ホテル・旅館は、建屋は問題ないところが多かったのですが、設備や露天風呂などが
被災したところもあり、安全・安心を求められる宿泊施設としては、
4月いっぱいまでは、現状復帰を目指し、奔走していたそうです。

ところが、筑波山のお客さまの多くは東京など首都圏の方でしたので、
放射能の影響を恐れる皆様の足は回復することはありませんでした。

その間、旅館組合の皆様は、福島などからの被災者の受け入れをし、
本当に、収入にはつながらないことではありましたが、、
「人のつながり・交流のありがたさ」をしみじみ感じたそうです。

しかし、実際には、
うん千万単位の修理費用の工面、客が途絶え経営圧迫。。。

東北の被災地は、もっとひどいところがあるから、
うちはまだいい方だと言い聞かせ、前を向くしかないけど、
現状はかなり厳しい。

最近になって、市内・県内・福島からのお客が、すこ〜しずつ入り始めたようです。
が、例年の8割減。

どうやって乗り切っていいのかもわからず、どうやって生き延びるか、
従業員をどうするか、
答えの見えない難問の数々…

何ができるのか、もちろんすぐにはわかりませんが、
真実を知ることは、まず第1歩だと思います。

筑波山の御幸ヶ原コースも修繕、安全工事にとりかかり、
夏休み前には、登山許可が出る予定だそうです。

福島の方々は、今「福島は福島で支えあおう」と取り組みが始まったそうです。

茨城も、「茨城は茨城で支えあおう」

筑波山は、元気です。

ぜひ、いらしてください。

DSC02752









おかっぱちゃん旅に出る−ワークショップ

山本みわです。

今日は千年一日珈琲焙煎所で行われた
おかっぱちゃんことBoojilさんによる
「似てない似顔絵ワークショップ」に娘と共に参加。

Boojilさんのサイト

初めて会った人と一緒に、絵を描きながら笑顔になれる
不思議なワークショップ。

向かいに座った初めて会う相手の似顔絵を描くんです。
初めて会った人というのがポイントです。
好きな色のペンを一本選び、
裏返しになったカードが配られました。

表を返すと、いろんな髪型(ふつーじゃない、私のはソフトクリームみたいな頭)
いろんな顔型のちょっと笑っちゃうもの。
到底、目の前にいる相手にそぐわないものばかり。

さて、このカードに相手の顔を凝視して、
眉、目、鼻、口を描いていく。

「好きな動物は?」相手に聞く。
その動物の一部をイラストに書き加える。

「好きな場所は?」相手に聞く。
その場所のイラストを背景に書き加える。

さて、ここでもう一枚のカードが配られる。
表を返すと…
これまたびっくり。
とんちんかんな下半身が描かれたカード。

「趣味は?」相手に聞く。
その趣味のイラストを書き加える。

「将来の夢、こうなりたいとかこうしたいとか」
今度は、それを断定的な言葉で書き加える。

全体に手を加え仕上げていく。
それがこんな感じ。

今会ったばかりの人なのに、本当に自然と旧知の友のよう。。。
不思議なコミュニケーション術だと思いました。

そんなBoojilちゃんは、若干21歳のアジア一人旅で
身につけたらしい。

Boojilちゃんのたびエッセー「おかっぱちゃん旅に出る」
の映画化したものの上映会へと続きました。

つくばねファームの甘酸っぱいイチゴジャムをつけたパンと
千年一日の丁寧に淹れた珈琲でお腹も心も満たされたひと時でした。

Boojilちゃんありがとう!

自治基本条例学習会 廣瀬克哉氏講演



山本みわです。

今日はつくば市民ネットワーク主催の自治基本条例学習会に
参加してきました。

@つくばサイエンスインフォメーションセンター 14時〜

講師は、法政大学教授で、行政学者の廣瀬克哉氏。
自治体議会改革フォーラムの呼びかけ人代表など
で有名です。

今まで、なくても自治体は運営できたのに、
なぜ今、自治基本条例が必要なのか。

自治基本条例がなくても困らない訳

今年、地方自治法の改正が本格的に進み、
地方自治体での「基本構想(総合計画)」の策定義務が
なくなる。
しかし、自治体の中長期目標や行政計画はある。
市民参加という意味でのパブリックコメントもあるし、
直接請求権は保障されている。
また、政策評価・事務事業評価など、自治体の仕事のチェックと
改善の仕組みもあるにはある。

でも自治基本条例があった方がいい訳

市長の考え方や、市職員幹部の考え方などで
その都度変わる、「市民参加」の方法や水準。
        ↓
ブレない自治のしくみの確立が必要。

地方自治法を細かい網目から、荒い網目に変化させていく動き。
これは地方自治体の組織・運営を自由化させるものらしい。

でも、なくなった網目を埋めるものが実際には必要。

それが、自治体ごとのルール⇒自治基本条例になる。


いろいろな考えや、スタンスのひとがいる中で、
参加と納得の合意形成をどうやってつくっていくかが
カギである。
そこに最大の意味があるように思いました。

おもしろいとおもったのは、
「コーポラティブハウス」というたとえ。

これまでの自治体は
いわゆるディベロッパーの意図的な設計
(どういう層のどういう人たちを対象としたコンセプトか)
による「分譲マンション」型
とたとえるのに対し、

「コーポラティブハウス」とは
入居希望者が集まり組合を結成し、その組合が事業主となって、
土地取得から設計者や建設業者の手配まで、建設行為の全てを
行う集合住宅のことで
「どんな家をつくりたい。どんな街区にしたいか」など
建てる前に、話し合うプロセスを大事にする方法。

これが、自治基本条例つくりにあたるという廣瀬氏の論。


ざらっと書いただけなので、もう少し、思案していきます。
今日はご報告まで。



つくば市地震災害ごみ(瓦)受入再開について


2011年5月つくば市クリーンセンター

山本みわです。

地震災害ごみ(瓦)の市での受入を4月で締め切っていました。
しかし、まだまだ、修繕の手配もつかず、運ぶ手はずもつかず、
困っていらっしゃる方も多く、お声をいただいていました。

何度か市に対し、申し入れを行ってきましたが、
このたび、受入の再開をしていただけることになりました。

瓦のみです。

尚,今回搬入いただく瓦については,リサイクル推進のため
「洋瓦・日本瓦などリサイクル可能なものと,
その他リサイクル不可能な瓦」
に分別いたします。


【搬入品目】

 地震によって破損・落下・飛散した屋根瓦のみとなります。

【搬入期間】

  平成23年6月6日(月)〜平成23年12月16日(金)

【搬入場所・時間】

  つくば市クリーンセンター  平日(午前8時30分〜午後4時30分)

                  土曜日(午前8時30分〜午前11時30分)

【搬入の手続き】

  “惰予定日の2日前までに廃棄物対策課窓口へお越しいただくか
   電話にてお問い合わせください。
   
  
  ◆嶌匈欧瓦漾粉ぁ鉾惰申請書(承認書)」に記入後、市職員が現地確認します。
     ※申請書添付書類として、
      「り災証明書
      「現場写真」が必要です。
      また,業者委託された場合は、その「見積書」をご提示ください。

  7鍵が現地承認後、「災害ごみ(瓦)搬入申請書(承認書)」をお渡しします。

  ぞ鞠Ы颪鬚持ちのうえ、搬入予定日にクリーンセンターへ瓦を搬入してください。

【搬入時の分類】

  リサイクルのため,搬入時は,3種類に分別していただきます。

  1.洋瓦(陶器瓦)・・・裏面もしくは中身がオレンジ色または赤色

  2.日本瓦(いぶし瓦)・・・裏面及び中身どちらも灰色または黒色

  3.その他・・・セメント瓦など,リサイクルできない瓦


【お問合せ先】
  つくば市廃棄物対策課  電話:029−883−1111(代表)


東日本大震災復興支援イベント

上野公園応援


山本みわです。

昨日、今日と、東京上野公園で、
「下町から元気を届けよう!」というテーマで、
東日本大震災復興支援イベントがありました。

都内各地でこのようなイベントが数多く行われています。
野菜の販売や観光PRのため、
つくば市も、積極的に参加しています。

私たちも、その実情を知ると共に、
何かお手伝いできないかと思い、
つくば市議会の議員の有志の皆さんと一緒に、
PRのお手伝いをしてきました。

今日のイベントには、
茨城の潮来市の他、
青森県、岩手県、宮城県、福島県、福島県南会津町
から参加していました。

ご当地キャラ大集合と題して、
チャリティコンサートと一緒に
PRタイムもいただきました。

これがつくばの「つくつく」 ↓
つくつく

ゆるきゃら


もちろん台東区・墨田区のPRブースもありました。
みつけましたよ。
東京スカイツリーの話題のミネラルウォーター
かわいいですね。
これで400円は、ちょっと高いけど。
スカイツリーミネラル


筑波山は元気です。
つくばの農産物は安全です。
つくばは、絶対にまけないぞ!

公明党茨城県本部大会



山本みわです。

今日は2年に一度の公明党茨城県本部大会が
水戸の茨城県福祉会館で開催され、参加してきました。

県本部代表の改選が行われ、
石井啓一衆議院議員が、県本部代表に再任されました。

統一地方選挙を受けて、県本部内の人事も行われました。

代表代行に
井手義弘県議会議員(日立選出)
井手

幹事長に
高崎進県議会議員(水戸選出)が就任されました。
takasaki

大会後の議員総会では、

石井啓一衆議院議員から
公明党のエネルギー政策について話がありました。

「公明党は、2030年までに
自然エネルギーの活用を30%目指したい。

そのために、
まずは自然エネルギーへの転換の
過渡的なものとして、
当面の原子力発電の安全性を確保していくこと。

そして、
省エネルギーをもう一段促進。
照明のLED化
冷蔵庫やエアコンなどの省エネ家電化
そのためにも家電エコポイントの復活を働きかけること。

原子力の代替としての
火力発電では、
エネルギーの40%が、熱として棄てられている。
その熱を有効に活用できる仕組みをつくること。

自然エネルギーの促進としては、
風力→海洋での開発
地熱→非常に日本では有効
水力→ダムに寄るものでなく、水路や小河川での開発
太陽光→メガソーラー発電の推進
などを進めたい。(概要)」

政治も、経済も、文化も、
全て
人間が幸福になるためにある。

そのことを忘れず、
議員力を高め
頑張っていきたいと
改めて決意した県本部大会でした。

つくバス・つくタク実車乗調査

バス調査


山本みわです。

4月からスタートしたつくば市公共交通網
「つくバス(コミュニティバス)・つくタク(乗り合いタクシー)」

皆さんから、利用してのいろんなお声をいただきました。
そこで、つくば市の公明党会派で
実車乗調査を2日間かけて行いました。

第1日目(5月31日)
 ・北部シャトル (つくばセンター⇒筑波山口)
 ・一般タクシー (筑波山口⇒筑波山神社入口)
 ・つくタク (筑波山神社入口⇒筑波窓口センター(旧筑波庁舎))
 ・小田シャトル (筑波窓口センター⇒つくばセンター)
第2日目(6月3日)
 ・南部シャトル (つくばセンター⇒茎崎窓口センター)
 ・自由ヶ丘シャトル (茎崎窓口センター⇒自由ヶ丘団地)
           (自由ヶ丘団地 ⇒ つくば市役所)
 ・作岡シャトル   (つくば市役所 ⇒ 寺具)
 ・吉沼シャトル   (吉沼交流センター ⇒ つくばセンター)


つくばの公共交通は、
6路線のシャトル便を中心部より放射状に走らせ、
30分から40分おきに運行することで利便性を
高めるようにしました。

そして、細かくは、市民の皆さんのニーズに対応できるよう
デマンドタクシー(乗り合いタクシー)によってシャトル便に
乗り継ぐようなシステムをスタートさせました。

ところが、少々難解なシステムであると共に、
利用上のさまざまな問題点も浮かび上がってきました。

実際に自分で検証してみなければいけないと思い、
今回の実車乗調査になりました。

調査を通して、感じたことは
おおまかにまとめると
〔榲(バスを利用する目線)が明確でない
△弔タクのシステムが確立されていない
市民に周知徹底されていない
け森坩兮されている側の意識に市民サービスの意識がない
イ錣りにくい、めんどくさい

公共交通活性化協議会での運行状況報告書
つくば市HPより
でもまとめられていますが、
今後、問題点を改善していく努力が早急に必要です。

今回の調査結果を精査して、
更に皆さんのご意見を集約し、
要望をしてまいります。
まとまったら、またご報告します。

これが乗り継ぎ券、運転手さんに言わないともらえません。
同じ路線の乗り降りではつかえません。
乗り継ぎ


10人乗りのジャンボタクシー 
tukutaku

公会計制度について学ぶ


山本みわです。

30日月曜日に
竹谷とし子参議院議員を訪ねてきました。
公会計制度について学ぶためです。

竹谷とし子参議院議員は、
学部は違いますが、
大学の同期生で友人です。

とし子さんは、
経営コンサルタントとして、国際的にも活躍されていた方で、
大学現役で公認会計士に合格した才女です(#^.^#)
現在の公会計制度の現金主義では見えない
将来負担や減価償却などの部分を取り入れた
発生主義の手法、複式簿記を取り入れることを
彼女は主張しています。

つくば市は
総務省の改訂モデルである、
財務諸表を作成し、公表しています。
そのことは評価すべきものと思います。

「公共施設の数が他市と比べて多い」
研究学園都市の誕生に伴い、
国が2兆円とも言われる資金を投入して、
教育施設をはじめとして多くの施設が建てられました。
今、その施設が老朽化を迎え、
耐震化の問題と共に、
今後の財政の大きな課題となっています。

現金主義では、実際に現金のやりとりがあった時に計上することで、
金利や減価償却費なども含め、
資産・負債のストック情報がありません。

区長筆頭に会計制度の改革を行った千代田区では、
事務事業のコストをフルコスト化し、
区民一人当たりのコストを明確にしています。
毎年800の事務事業の行政評価を行いながら、
同時にコストについても可能な限り
細分化していることが分かりました。

千代田区の事務事業コスト一覧の冊子には、
「事務事業のコストをしっかりと把握しておくことは、
行政の効率性を高め、
限られた財源の有効活用につながります。
また、
その事業は必要なのか、
執行方法は適切なのか、
使用料などの利用者負担は適正なのか
といった検討を促すことになります。
さらに、
サービスの利用者であり、
納税者でもある区民の皆さんに対して、
利用と負担などについての説明責任を果たし、
区政への参加を促す意味でも
欠かすことができないものです。」
と書かれています。

つくば市としても
施設の減価償却費を算出していくこと、
固定資産台帳の作成は必須であろうと思います。
地方自治体では、基本、
固定資産を統括して管理していないのです。
驚きでした。
所管ごとに管理している、いわゆる縦割りです。
しかも、どこまで情報を把握しているかもわからない、
ないものもあるといった状況なのです。

今、先進地では、
施設白書に取り組んでいる事例もあり、
武蔵野市や、習志野市などが取り組んでいます。

自治基本条例制定を目指すつくば市は、
行政側の努力として、
これらの情報を整理し
公開する必要があると思います。

つくば市議会6月定例会開会

山本みわです。

つくば市議会6月定例会が6月1日開会しました。

会期は1日から20日の20日間。
一般質問は、9日、10日、13日。

今回は18人が一般質問に臨みます。

私は8番ですので、9日の一番最後か
10日の一番最初になりそうです。

というのも、実際に質疑がなされてみないと
1人どのくらいかかるかわからないからです。

一括質問答弁方式で3回まで。
議員の質問発言時間は30分となっています。

早く、一問一答式になってほしいですね。

ネット中継が9月から始まりますが、
市民の皆さんが聞いていて、一括方式は
非常にわかりにくいと思います。

山本みわの今回の質問事項は

1.緊急時の情報体制の整備について  
   特に同報系防災行政無線の整備について

2.地域交流センター基本計画について 
   公民館から変わって、現状と課題は

3.子育て総合支援センターについて  
   子育て支援の中核としての役割は

4.発達障がい支援について  
   発達障がい支援策の検討状況と相談体制のその後

5.女性特有のがん検診について  
   受診状況の現状と課題は。土日検診の検討は

6.学校給食について  
   センター立替の今後の取組み工程、食材の購入について

しっかり取り組みます。
よろしかったら、ネット中継実施前最後の議会。
傍聴しにいらしてください。
何が飛び出すか…。

「つくば市における更なる防災体制構築に関する要望書」を提出

山本みわです。

DSC02646


5月6日に
「つくば市における更なる防災体制構築に関する要望書」を
つくば市公明党会派として提出しました。

東日本大震災後に、
皆様から頂いたご意見などから
早急に見直すべきことなどを
全体観〜個別問題までまとめました。

しっかりと、取り組んでまいりたいと思います。

要望書は続きで⇒
続きを読む
プロフィール

山本みわ

ごあいさつ
子育て真っただ中!子どもを生み育てる中で"つくば"を永住の地と定め、「子どもたちの未来のために、今、自分にできることに全力で取り組みたい!」その思いから立ち上がりました。女性としての視点を大切にし「このまちにずっと住みたい!」といっていただける"つくば"を創ってまいります。皆様の力強いご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
記事検索
以前の記事
話題別
ご訪問ありがとうございます
  • 累計: