つくば市議会議員 山本みわ 議員活動日記

**大好きなつくばの未来あなたとつくりたい!**
誰にでもわかる市政ニュース&子育て情報をお届けします

つくば公務員宿舎削減計画

山本みわです。

筑波研究学園都市建設が閣議決定されて50年という節目の時。

当初約7750戸あった公務員宿舎も
近年入居率80%を切っており、
空き室や老朽化も目立ち、
平成14年から計画的に廃止・売却が行われていました。

つくば市では、「新たなつくばのグランドデザイン」や「地区計画」を策定し、
つくばらしさを残すために協議を続けてきました。

ところが、昨年11月26日、
今後たった2年間でつくば市内の宿舎を
70%削減する計画が出されました。
国策として計画的に建設された研究学園地区は、
他地域にはない
緑豊かなゆとりある街並みが形成され、
国家公務員宿はその核ともいうべき存在です。

廃止に伴い、
つくば市外への人口流出、
中心市街地の空洞化、
教育環境の急激な変化
等様々な課題が懸念されています。

私たち、つくば市公明党(石井啓一衆議院議員、田村けい子県議会議員、
小野やすひろ市議、はまなか勝美市議、山本みわ)は、
まちを護るため、誠実な対応を求め行動してまいります。

〈ここまでの動き〉
3月下旬 市執行部と情報・意見交換
4月 2日  財務省理財局から説明を受け、こちらからは現状と課題を説明し、
         つくば市との協議の場を持つことを確認する(つくば出張所)
4月13日 退舎該当者の方々を対象に石井啓一公明党政調会長との懇談会実施。(カピオ和室)

4月下旬  石井啓一党政調会長が、財務省理財局へヒアリング
5月10日 つくば市公明党5人と代表メンバーで財務大臣あて要望書提出(財務省)
         応対者:理財局長、国有財産調整課長
5月14日 第1回つくば中心市街地再生推進会議開催(つくば市役所)
              ⇒つくば市HP 会議資料公開

財務省要望
財務省要望2






〈5月10日に提出した要望書 要望事項〉

一、国家公務員宿舎の削減計画の実施においては、つくば市の特殊な事情を十分に勘案し、当初の実施時期にこだわらず、十分な猶予期間をとるなど、特段の配慮をすること

一、国家公務員宿舎の削減・処分については、地元つくば市との十分な協議を行い、つくばの魅力向上につながる計画を策定すること

一、存置する宿舎からの退去に当たっては「原状回復費」等の経済的な負担をなくすよう配慮すること。

竜巻災害から1年

山本みわです。
竜巻災害から丸1年。
かつてない被害模様が全国に衝撃を与えました。
東日本大震災から1年、まさか!の出来事。
「風の津波」とは、まさに言い得た表現。
死者1名、損壊家屋1000軒を超えました。
竜巻の傷跡は、目に見える形ではなくなりましたが、
今なお、仮設住宅で暮らしている方は14世帯。
商店をたたむなど、
再建のめどがたたない方もまだまだ多い。

そんな中で迎える北条商店街では
復興祈念の「春の北条市」が開催され
多くの人で賑わいました。
北条の観光情報ポータルサイト⇒つくば道北条さんぽ

↓北条市
画像1

↓商店街にある爪痕残る蔵
画像1

↓がんばっぺ北条缶バッチ
画像1

↓北条小学校のこどもたちがガレキのかけらでつくったオブジェ
画像1

↓北条市でゲットしたつくばカエル🐸
画像1


また、午後1時半からは、市民ホールつくばねで
市主催の「竜巻災害報告会」が開催され
犠牲者を追悼し、経過報告、意見交換、
防災意識の向上を図るための講演がありました。
役所総出で臨んでいたのですが、
一般市民の方の参加が少なく、
地元のみなさんの想いと、
行政の考えの行き違いを感じました。
(しかも、とんちんかんな発言をする市議がいて、がっくりでした)

北条地区では、住民有志による
「北条復興まちづくり協議会」を発足し、
復興計画が策定されていますが、
計画実施が難しく、本格的な復興へは
まだまだ課題山積です。

私にできることは何か、考えながら行動していきます。
画像1

GW自己研鑚

山本みわです。

ゴールデンウイーク、みなさんは何に挑戦しているでしょうか?

私は、5月半ばに受ける政策法務の研修の予習課題2冊と、
地方財政に関してのおもしろそうな本を見つけたので、
その3冊に挑戦中です。
改訂版 政策法務の基礎知識 立法能力・訟務能力の向上にむけて
改訂版 政策法務の基礎知識 立法能力・訟務能力の向上にむけて [単行本]

自治体法務検定公式テキスト 政策法務編 平成25年度検定対応
自治体法務検定公式テキスト 政策法務編 平成25年度検定対応 [単行本]

地方財政のヒミツ
地方財政のヒミツ [単行本(ソフトカバー)]


子どもたちにサービスもしなければならないし、
義母・実母に、母の日のサービスもしなくてはなりませんね。
休みだからこそ皆さんとゆっくりお話もできるし、
掃除も片付けもしたいですね〜
やりたいことはたっくさんあります。

やりたいことがあるということは幸せなことかもしれませんね。

憲法記念日記念街頭演説

山本みわです。

今日は5月3日、憲法記念日。
新聞、TV等で、憲法改正についての議論がなされています。

公明党では毎年、全国で街頭演説を行っています。
画像1


午後から筑波西武前におきまして、
石井啓一党政調会長(茨城県本部代表)
田村けい子県議会議員(党県本部女性局長)
小野やすひろ市議会議員(つくば支部長)
はまなか勝美市議会議員
と共に、五月晴れの気持ち良い日差しの中で
行わせていただきました。

以下は、山口那津男代表の憲法記念日の街頭演説会の模様です。
公明党はあくまでも慎重路線です。
「議論が成熟していない中で96条だけを変えるのは、国民になじまない」
しかし憲法3原則
国民主権
基本的人権の尊重
平和主義
を守ったうえで、見直しは必要ではないかと考えます。
公明党の憲法改正に関するスタンスや自民党との関係など、
非常に分かりやすく語っています。是非ご視聴下さい。

県本部女性局研修

山本みわです。
ネット選挙解禁に向けて、公明党でも地方議員に対しての
対応が早急に行われています。

ところで、【ネット選挙解禁ってなに?】
と思う方もいますよね。

『ネットでの選挙運動ができるようになる』
ことであって、ネットでの投票をすることとは違います。
(意外とわかってない人も多いんです)

選挙運動とは原則、告示後の活動のことです。
事前・事後運動はこれまで通りネットを含めて禁止されています。
日頃の活動を報告したりする政治活動はまた別です。

【じゃ、具体的に何ができるの?】
『ウェブサイトを通じて投票依頼ができるようになる』
インターネット上にあるホームページ(HP)や、ブログ
また、
ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)と呼ばれる
ツイッターや、フェイスブックなども選挙運動に利用できるようになります。

画像1


HPやSNSなどでは、政党や候補者だけでなく、
一般有権者も「○○党に1票を」「△△候補に投票しよう」などと
特定の政党や候補者への投票を呼び掛けることができるようになります。

このほか、政党や候補者が、
ネットを使って個人演説会の告知や生中継をしたり、
街頭演説の動画やPRビデオなどを
YouTubeやSNSを通じて配信することも可能になります。


ただし、【メールの発信は政党・候補者に限定】しています。

政党や候補者は、
メルマガ登録や、常日頃政治活動情報を送信している相手(事前に同意を得た一般有権者)に
「わが党に投票を」「私に1票を入れてください」といったメールを送ることができます。
しかし、有権者のみなさんがメールで選挙運動することは認められていません。

メールは個人同士のやり取りになるため、
密室性が高く、なりすましや誹謗・中傷があっても、
素早く発見し取り締まることが難しいためです。

また、選挙運動に関するメールを同意していないのに送られたり、
ウイルスなどが添付された悪質なメールを送信される恐れもあり、
今回はメールについて慎重に対応することになったようです。


ネット上の有料広告(バナー広告)は政党に限って認められます。


なりすましや誹謗・中傷への対策として、
名誉を傷つけるような書き込みがなされたHPやブログが見つかった場合、
通報することで、いち早く削除できる「プロバイダ責任制限法」の特例を設けています。
現行法では、プロバイダーが書き込みをした人から同意を得る猶予期間を7日間としていますが
特例的に2日間で削除できるようにしています。
これには罰則もあります。

ネット選挙の運用のあり方について、4月16日付でガイドライン(案)が公表されています。
他に
(1)政党や候補者からのメールを一般有権者が他の有権者に転送することはできない
(2)原則としてHPのトップページにメールアドレスなどの連絡先情報を表示する
(3)ウェブサイトや電子メールに添付した公約などの文書を印刷して配ることはできない
―といった規定などがあげられています。

少し、政治が身近に感じられるきっかけになるといいです。


ネット選挙解禁など盛り込んだ、公明党茨城県本部女性局の研修でした。

画像1

児童虐待防止シンポジウム

山本みわです。

画像1
画像1


1月27日日曜日、
児童虐待防止全国ネットワークの第19回シンポジウムに参加してきました。@虎ノ門発明会館。
児童虐待防止…いわゆるオレンジリボン活動です。
「地域で取り組む子ども虐待の防止」と題し、基調講演と、3人のシンポジストによる事例・活動紹介がありました。
基調講演は、少し理論的な話でしたが、
シンポジストによる話はいろんな角度で参考になりました。
その中でも、特に共感した内容について少しまとめました。

せたがや子育てネット
こどもの城で働いていた代表の松田さんがご主人の転勤先などで乳幼児の親子の居場所づくりをはじめ、
2002年世田谷の地で子育て支援グループ「amigo」を立ち上げる。
その後、子育てグループや支援者のネットワークを法人化し「せたがや子育てネット」発足。
2010年からURと協働で、団地の一角にキッズスペース「ぶりっじ@roka」を開設。
目標は『団地内の立ち話を増やす!』

松田さんは周りの大人に
『近所に顔や名前のわかる赤ちゃんが何人いますか?』と問いかける。

⇒「あの子でしょ、○○ちゃんでしょ…」
      わかる赤ちゃんが10人以上いる大人を増やしていこう!という。

確かに知っている「あの子」の声は騒音にならないはず。
そして、子育てしている側も地域での子育てを支えられている実感につながるはず。

場所は場所としてあり続ける。。。ゆる〜くつながり、だれかとだれかをつないでいく。
できる人ができるだけ。
そして、自分たちで見守り育てるまちにつながっていく。

そんな松田さんたちの取り組みは、様々な力を生み出していきます。
その中で、『赤ちゃんとのふれあい授業』は
子どもたちへの学びの場と共に、子育てで自身を見失っている親自身にも、
赤ちゃんがいるだけで素晴らしいという、そしてそのこと自体が役に立つ実感と自信を得ることにつながっていくといいます。
(つくばでもそういう取り組みがありますね)

『つながり』が、「虐待防止」へと。


森と風のがっこう

NPO岩手子ども環境研究所理事長&森と風のがっこう校長の吉成信夫氏。
CIコンサルが、異例の抜擢?で、宮沢賢治生誕百周年に湧いた最中に岩手の小さな町に持ち上がった「石と賢治のミュージアム」構想に引っ張られる。いわゆる『ハコモノ』公共事業を町の、県の要と変えた男。
それだけでも、十分興味津々ですが、
畑違いの、福祉を知らない吉成氏が、
岩手県全県160の児童館を統括するの県立児童館の館長に!

健全育成って何?
なんで遊びが子どもの生育に大切なの?
子育て支援ってなに?

そんな吉成氏が元々の感性で、豊かな子育ちと、地域支援のため、
全県的な人材育成の網を築き上げていく。

『あそぶようにまなぶ、まなぶようにあそぶ』

2002年当時、岩手県が58億という巨費を投入してつくった典型的なハコモノ施設。
吉成氏は「サティアン」(死語)と呼ぶ。
この岩手子どもの森(児童館)を開館準備段階で「子どものアジール」として規定し直し、
公共施設改革を成し遂げる。

是非、下記の著書をお読みください。


ハコモノは変えられる!―子どものための公共施設改革ハコモノは変えられる!―子どものための公共施設改革
著者:吉成 信夫
販売元:学文社
(2011-01)
販売元:Amazon.co.jp


そして、なぜ今回の児童虐待防止につながるかというと、
「児童館は文科省の管轄ではない」ということがカギだと吉成氏はいう。
0歳から18歳まですべての子どもが対象の施設であり、すき間があるからやりやすいと。
児童相談所より敷居が低く、(まるで違うといったほうがいいかもしれません)
児童館に、児童虐待防止と予防のための最前線拠点としての再定義をすることが可能だと。

その事例として、
北海道の中標津町が、児童虐待防止施設に格上げした取り組みがあるそうです。
中標津町 子育て支援HP

是非、近々、岩手の「森と風の学校」を訪問しようと思います。






第1回「みわカフェ」開催

山本みわです。

リアルみわカフェイラスト


本日、第1回「みわカフェ」(名称改め)開催いたしました。
Twitter、Facebook、さくらんぼメール(メルマガ)での告知で
お知らせが行き届かずにすみませんでした。
随時開催してまいりたいと思います。

山本みわの議会報告&おしゃべり情報交換会です。
コーヒーを飲みながら、つくばのことおしゃべりしました。

つくカフェ130126


今回のテーマは、
☆議会報告
☆情報交換


【議会報告】
議会報告では、「さくらんぼ通信9号」と「一般質問通告書」+添付資料を基に
改選後初の12月一般質問で取り上げたことについてお話ししました。

◆図書館事業について
 今回、質問4回目になる図書館事業については、図書館のあり方、ニーズの変化について行政側の意識変革を促す質問にまとめました。
本の貸し借りの場から、居場所としての図書館のあり方をアプローチしました。
特に、リタイア層や青少年の居場所としての役割を重視する傾向や、空間の居心地よさの追及、
それに伴う選書方法の改善や、学校図書館、地域交流センター図書室他との連携(ここは縦割り行政の打開をめざした)
 福祉的な立場から、貴重なご意見を頂き、新たな視点での切り口にしてまいりたいと思いました。

♯参考♯
 事例として「浦安市立図書館」「武雄市のTSUTAYA委託図書館」を挙げました。
 添付資料として「つくば市図書館の統計データ」「事業仕分けの視点での図書館改革の記事」


◆高齢者肺炎球菌ワクチンの公費助成・子どもの医療費無料化について
 この件については、県内の取り組みの現状、つくば市の現状などを踏まえて、一日も早く実施に至るよう促しました。どちらも来年度、詳細は未定ではありますが、実施予定との答弁を頂いています。
特に高齢者肺炎球菌ワクチンについては、予防効果が高いことから、医療費削減の効果ものぞめます。

♯参考♯
 添付資料として「県内の公費助成の現状のリスト」

子どもの医療費の話から、アレルギー疾患や、障がいのある子の医療費の話題へと移り、
特別支援教育の課題や、福祉関係の相談窓口のあり方など、意見交換の場となりました。

そして、次の議会では何を取り上げるのかと質問があり、現在決まっている
◆地域防災の取り組み
◆発達障がい支援体制
について意見交換をしました。


【情報交換】
今回参加してくださった方々が福祉関係のスペシャリストでしたので、各々の現場の現状や課題、対処法などについてご教示頂き、それぞれ情報交換することができました。


少人数ならではの、ぶっちゃけた話もできて、とても有意義な第1回目となりました。




さくらんぼ通信2013冬号

山本みわです。
今日は寒かったですね。

「さくらんぼ通信2013冬号」印刷完了しました。
画像1


今号は、12月議会の一般質問の内容を中心に報告しています。
これから手配りで、お届けいたします。
後ほど、ホームページにもアップします。

通信は、試行錯誤で作っていますが、
もちろん文章もデザインも自前です。
あと、拙いイラストも…(^_^;)

新しいパソコンは、やっと使いこなしてきました。
画像1


dynabookでの初仕事となりました。



2013年活動スタート

山本みわです。

みなさま、よいお年をお迎えのことと思います。
私も母業、妻業、嫁業を無事に務め、
遅ればせながら、本日より議員活動を開始いたしました。

昨年の選挙中に頂いた様々な課題、要望にひとつひとつ取り組んでいます。

今年は、
ラジオ番組「みわCafe」開始(詳しくは、後日)
情報交換の場づくり「つくカフェ」開催
平和活動「ピースファンタジア」
などの新たな活動と共に

従来の
つくば女性フォーラム(女性のための講座開催)
防災士としての地域防災の活動
環境マイスター3級取得(昨年は落第してしまいました)
などの活動にも取り組んでまいります。


(国)石井啓一衆議院議員
(県)田村けい子県議会議員
(市)小野泰宏市議     
   浜中勝美市議
   山本みわ

つくば市には公明党のネットワーク、すべてがそろっています。
支援してくださるみなさまと一緒に、
同志と力を合わせ、
平和と安穏のための政治を担ってまいります。

今年のモットーも
「感謝と笑顔」で
おひとりおひとりとの対話を大切に
頑張ります!


新年写真 石井、小野、浜中



2期目スタート

山本みわです。
本日、2期目の任期スタートしました。
決意新たに、お役目を全うし、説明責任を果たして参りますのでよろしくお願いします。
※公職選挙法で、「自筆の信書及び当選又は落選に関する祝辞、見舞等の答礼のためにする信書を除くほか文書図画を頒布し又は掲示すること」が禁じられています。
ご理解のほどよろしくお願いします。

画像1

初登庁で議員バッチをいただきます。
もともと議員バッチとは、議場への「通行証」として作られたもの。
国、県、市、町村と色、大きさに若干違いがありますが、
真ん中に小さく金色の菊花模様があります。
材質、値段も様々あるらしく、その自治体によって違うとのこと。
ちなみにつくば市で使用しているものは
9000円近くするものでした。
(前任期中に、一度無くして買ったので…)
画像1


さて、二元代表制の地方議員として、
\策や予算の決定
⊆更垉ヾ悗隆道
政策や条例の提案
だ治争点の提起
の役割を果たすため、
常に市民の皆様の声に耳を傾け、
議会一般質問、議案審議に努めるべきであると考え、
年4回の議会で4年間、16回の一般質問に取り組んでまいりました。

2期目の最初の議会での一般質問は、
提出順で、1番目の質問となりました。

画像1


今回の一般質問では、

1)図書館の改革を求め、4度目の質問をします。
特に市民のニーズをきちんと理解しているかどうか、
学校図書館における司書の整備拡大について取り上げます。

2)毎月第1日曜日実施されている「つくばウォークの日」について
市民の健康増進の目的に適っているかどうか確認します。

3)高齢者の肺炎球菌ワクチンの公費助成が他市町村で進んでいるので、
つくば市での実施を促します。(3度目)

4)つくば市では小学校3年生までになっている
乳幼児の医療費助成の対象拡大について取り上げます。

5)子ども子育て3法の制定に伴い、幼児期の学校教育・保育、
地域の子ども子育て支援を総合的に推進が図られることになりますが、
’定こども園制度の拡充、
認定こども園、幼稚園、保育所を通じた
共通給付(施設型給付)及び小規模保育等地域型保育給付の創設、
C楼茲了劼匹盪勸蕕道抉腓僚室
の3つが大きなポイントとなるらしい。
この新制度が本格的に動き出すのは、早ければ平成27年度ですが、
消費税率8%引き上げにあたる平成26年度から本格施行までの1年間、
保育の需要の増大等に対応するため、
新制度の一部を先取りした保育緊急確保事業(子ども子育て支援法附則第10条)
が行われることとなっています。
国の動向を見極めつつ、できる限り円滑かつ速やかに新制度を導入できるよう、
混乱を避けるため、万全の準備をしていくべきであると考え問題提起します。

12月議会は、予算編成への最後のアプローチとなりますので、
そのことを意識した質問としていきます。

12月議会は12月4日開会
一般質問は12、13、14日
インターネット放映もしています。
プロフィール

山本みわ

ごあいさつ
子育て真っただ中!子どもを生み育てる中で"つくば"を永住の地と定め、「子どもたちの未来のために、今、自分にできることに全力で取り組みたい!」その思いから立ち上がりました。女性としての視点を大切にし「このまちにずっと住みたい!」といっていただける"つくば"を創ってまいります。皆様の力強いご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
記事検索
以前の記事
話題別
ご訪問ありがとうございます
  • 累計: