つくば市議会議員 山本みわ 議員活動日記

**大好きなつくばの未来あなたとつくりたい!**
誰にでもわかる市政ニュース&子育て情報をお届けします

たたけ肝炎ウィルス

山本みわです。
要望が実現したのでご報告します。

過去のC型肝炎検査で
「感染している可能性が極めて高い」という結果が出た方に
早期受診・早期治療を勧める通知を出すよう要望しました。

肝炎ウイルス検査で陽性と分かりながら、
医療機関を受診していない人は4割近く!
国内最大の感染症と言われる【ウイルス性肝炎】は
自覚症状がないことが多く、本人が気づかないうちに
肝硬変や肝がんへ移行してしまう可能性が高いのです。

<肝がん>は
主要ながんの中でも生存率が低く、
肝がんの原因は
B型肝炎ウィルス 約15%
C型肝炎ウイルス 約60%
約75%は肝炎ウィルスに因るものと言われています。

その一方で、
C型肝炎の治療はたいへん進歩していて、
ほとんどの場合、飲み薬でウイルス駆除ができるようになってきました。

「たたけ!肝炎ウィルス」のリーフレットは
佐賀大学を中心に作られ
リーフレットを活用した受診勧奨の取り組みで
大きく効果をだした佐賀県や静岡県の事例から、
茨城県での導入を
田村けい子県議会議員と共に推進しました。

2017年3月
茨城県でリーフレットを導入し、
各市町村に配布されましたが、活用には至っていませんでした。
そこで、つくば市へ提案したもので、
受診勧奨を積極的に進めるようお願いしました。

2017年4月21日要望書提出。
【C型肝炎検査を過去受診した方への受診勧奨に関する要望】

その後
部内検討をしていただき
通知文、たたけ肝炎ウイルスのリーフレット等、陽性対象者に送付していただくことになりました!

平成27年以前にC型肝炎陽性と診断された方の中には、
「過去の治療で完治しなかった方」、
「インターフェロン治療の入院や副作用から治療を躊躇していた方」
「外来通院だけでウイルス排除できることを知らない方」
も大変多くいる現状があります。

C型肝炎に関しては、平成27年以降に発売された経口剤によって
治療が劇的に進歩していることから、
過去の検査で、陽性者
(少なくとも特定感染症事業が開始され、県として
C型肝炎陽性者の情報を把握されている
平成20年〜)に対して、
「たたけ肝炎リーフ」と「C型肝炎ウイルスの治療」等の最新情報をお知らせし、
一刻も早く早期治療に繋げていただくようお願いしたものです。


最終的に5月17日付で
対象者で、現在つくば市在住の方、
約60名に郵送されました。

早期治療により、重篤な症状にならないよう、できることから始めてまいります。

C型肝炎対策要望書たたけ肝炎ウイルスリーフ

行政報告でいいの?

山本みわです。

本日、つくば市議会6月定例会開会。

行政報告として3件、
概略説明のみで行われました。

<つくば市東京事務所の閉所について>
 つくば市東京事務所は、
 平成17年のつくばエクスプレス開業に併せて、
 秋葉原ダイビルに
「企業誘致」「誘客促進」「移住・定住」など
 シティセールスの拠点として開設した。
 開設から12年が経過し、
一定の成果を上げるとともに、
 平成30年3月末をもって、
賃貸借契約が満了となることから
 閉所とすることとするもの

 ※11月末には事務所機能閉所し、3月末までに原状回復して退去

<市長公約ロードマップについて>
 平成28年11月の市長選挙において、
市長が掲げた選挙公約について
 市の施策として実現するためのロードマップ
を作成したもので、
この公表について報告するもの。

 ※つくば市HP 市長公約ロードマップ

<総合運動公園用地の返還交渉の経過と今後の事業の進め方>
 市長が公約に掲げた、
 つくば市土地開発公社が取得した
総合運動公園用地に係る
 都市再生機構との変換交渉の経過、
 及び今後の大規模事業の進め方に関する方針
を策定することについて報告するもの
   
 ※参考資料

以上の3件について、詳細な説明はなく、議会に意見を求めず、
行政報告として処理されました。

公明党は、塩田議長に対し、全員協議会など質疑の場を求めました。

 〇 東京事務所を閉所する根拠が明確に
示されていないこと。
 〇 市長ロードマップの公表が、議会前
になされなかったこと。
   (一般質問等に間に合わない)
 〇 土地の返還交渉において、前市長9月
の時点で土地の取り扱いについて、
URに文書で照会し、回答を得ていた。
   その資料が、説明なく配布されたこと。
今後の進め方

2017年6月議会開会

【6月議会開会します】

山本みわです。

しばらくこちらの投稿をお休みしてしまいました。
今後しっかり、皆さまに活動報告と情報発信をしてまいりますのでよろしくお願いします。

さて、明日、6月12日より、つくば市議会6月定例会が開会。

<報告案件>
・東京事務所の平成30年3月末での閉所
・市長公約のロードマップの公表
・総合運動公園用地の今後の大規模事業の進め方に関する方針

の3件が報告されます。
どれも、非常に関心の高い内容です。
明日の行政報告を受けて、皆さまに報告します。

<一般質問> 
16人。
6月19日〜21日の3日間。

私は、受付4番で、19日(月)の午後の予定です。
今回も5点。

1.つくばセンター付近を含む中心市街地のこと、
2.障害者優先調達法に基づく取り組み、
3.子ども・子育て支援、
  ・子育て総合支援センターの中核的役割、
  ・子ども子育て会議での質の議論
  ・病児病後児保育(訪問型)の提案
  ・学童クラブの不足
4.地域との連携による学校防災、
5.学校の環境整備のゴミ処理の問題

5項目について、取り組みます。
西武閉店後の、つくばセンター地区の再構築について
しっかりとした議論をしてまいりたいと考えています。

ご意見、応援よろしくお願いします。

通告書

2016年新春のごあいさつ

山本みわです。

新年 明けましておめでとうございます。
皆様、健やかに新年をお迎えのことと思います。

P1014121






昨年は、つくば市としても大きな局面を迎え、
総合運動公園基本計画をめぐる議論展開と
つくば市初の住民投票が実施されました。
住民投票で反対が8割を占め、白紙撤回に。

つくば市議会としても、4月に「議会基本条例」が施行され
10月には初めての議会報告会を開催。
さらに、12月議会では
「つくば市総合運動公園に関する調査特別委員会」を設置。
総合運動公園基本計画について
これまでの進め方をしっかり振り返り検証し、
未来に向かってこれからをどうしていくのか、
今後のスポーツ施設のあり方を探っていきます。
その特別委員会の副委員長の役を仰せつかりました。

議会基本条例で定めた、政策討論の場として、
議会の機能を果たせるよう、尽力したいと思います。

ちなみに第1回調査特別委員会は
1月22日10時より行います。


【参考】
つくば市議会基本条例
(政策討論)
第20条 議会は,市政に関する重要な政策及び課題に対して,
共通認識及び合意形成を図り,もって政策立案,政策提案及び
政策提言を推進するため,政策討論を積極的に行うものとする。

条例本文はこちら➡つくば市議会基本条例


また、今年は11月30日に任期満了を迎えます。
2期8年めの議員活動、やり残しの無いように
皆様とのお約束を果たせるように
一日一日を全力で頑張ってまいります。

今年も、ご支援、ご指導を頂けますようお願い致します。

皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。


※公職選挙法の規定により、市内の皆様には、
年賀状などのご挨拶状を送ることは、
直筆の返礼以外は禁止されているため、
ブログ上にてご挨拶とさせていただきます。

高齢者肺炎球菌ワクチンのコールリコールが実現

山本みわです。

一般質問や、担当課への申し入れなどで、
平成24年から取り組んできた高齢者肺炎球菌ワクチンの公費助成。
つくば市として
平成25年4月から65歳以上の方を対象に3,000円補助が実現。
みなさんに大変喜んでいただき、
つくば市では高齢福祉金(つくば市いきいき商品券)を利用して
接種することもできるようになっています。

その後、
昨年、平成26年10月1日からは、国の予防接種法に基づく「定期予防接種」となり、
65歳,70歳,75歳,80歳,85歳,90歳,95歳,100歳となる方を対象とした
公費助成となりました。

最初は65歳以上すべての方への助成(つくば市独自)だったものが、
節目年齢の方のみを対象とした助成(国の定期接種)になってしまったので、
制度が理解しにくく、「接種しようとしていたが、期間を逃した!」とのお声も多く、
つくば市公明党としても、高齢者肺炎球菌ワクチンの補助、周知の強化などを要望し、
市民サービスの向上に努めてきました。

つくば市の独自助成が終了する昨年度末には、
個別通知などによる制度終了の周知を図るよう要望し、
市報での告知と、市内医院への掲示物による告知をしてもらいました。


【コールリコールの必要性】

未受診者への個別勧奨と再勧奨を行う制度を「コール・リコール」といいます。
クーポンや受診票の配布などで直接、受診勧奨(コール)を行い、
未受診者に手紙や電話で再度受診勧奨する(リコール)という仕組みです。
受診率の高い国では、このコール・リコールを導入しているのが一般的です。
日本でも、がん検診受診率向上のための対策の一手として近年多く実施されています。

今年度に入って、昨年度の対象者から
「接種しようとしていたが、期間を逃した」との声があり、
この事業は高齢者インフルエンザやがん検診などの今までの制度とは異なり、
非常にわかりにくい為に
接種したい方が忘れずに接種できる仕組みを作れるよう
コールリコールを要望し、実現いたしました!

今年度の定期接種対象者に対し、平成28年1月頃に未接種の方へハガキ(or封書)で個別通知が届きます!

このコールリコールをすでに取り入れている自治体では、接種率が大幅に上がっているのです。

この事業の補助実現や周知の強化は、高齢者の方々の肺炎予防が一番の目的です。
しかし、それだけでは無く、接種率を向上させることで
大きな医療費削減効果を生むことも事実です。
つくば市の将来の為にも推進していくべきものだと考えます。

これからも、みなさまの目線で、福祉事業の向上に努めてまいります!

【今までの取り組み】
高齢者肺炎球菌ワクチンの公費助成、周知の強化をつくば市公明党として要望
・ 山本みわ:24年6月議会一般質問、24年12月議会一般質問
・ 浜中勝美議員:25年9月議会一般質問、27年9月議会一般質問
※公費助成だけでは無く、市民の方が制度を理解し、接種しやすい仕組みを作る為に個別通知などを再三要望してきた。

【国の定期化事業について】
つくば市HPより→こちら

【今後の予定:定期接種対象者について】
平成30年度までの間は,該当する年度に65歳,70歳,75歳,80歳,85歳,90歳,95歳,100歳となる方が対象になります。
平成31年度以降は,接種日に65歳である方が対象となる予定です。

神栖市中央運動公園(防災公園)視察

山本みわです。

6日の日曜日は、茨城県防災士ネットワークの県内視察で
鹿行地域へ。

01ca915cfb691ed580237d50aaa6b55fe8a85e561301a42ce441622260fdf2eba5598b140a157fc23d93017633cdcff65371f07bf9ffc8c5821c57995bcf2d






まずは、昨年オープンした神栖市の防災公園(神栖中央公園)。
国有地(土木研究所)の払下げ地を活用した、19haの県内初の防災公園で
つくば市民としては、大変気になる施設でした。
3年間の検討期間を経て、最終的に地震強化対策地域でもあり、
鹿島工業地帯でもあることから、地域防災拠点としての総合公園として整備。
一時避難所としては、約60,000万人が避難可能。

総事業費 約50億 (うち用地費は 約13億)
補助金等は  約37億5000万
 ※鹿島開発記念事業基金   約5億6700万
  社会資本整備総合交付金 約20億1600万
  地域の元気臨時交付金   約11億7000万

駐車場 計414台
多目的広場、芝生広場、大型複合遊具、ドライ噴水、あずまや2基

防災設備としては、
防災備蓄倉庫(12,000人分➡8中学校の特定避難所に約12,000人分合わせて24,000人分)
防災パーゴラ2基、かまどベンチ17基、手押し式防災用井戸2カ所、
耐震性貯水槽(約11,000人分の3日分の飲料水)、自家用発電機、
防災トイレ(マンホール型40基、スツール型16基)
自衛隊大型機対応防災ヘリポート、
緊急用津波避難高台としての「つき山」(1500人避難可能、標高15m)

0145c598038d1fdea7391b3a12c9c965019b4857240100f46a6d8ae3ba76b39f0d6051f86533a97f9bc70187d126e0e7d5a71557b901508e0d9a7924cb96f401d31626e02f1331760606e9acf3b796afa1a0ef9d014e290f42f21afc125a7cf5a7340fba232dd947fd015b2b9c8a65402b986f0ca4f59be22f587624f9c3010b78f4748299883f2cc3462c48fea43fae7c754701206e8109d177d0de490a989ac22e56dc630ec86e






















そして、さらに現在 2.9ha分は、防災アリーナとしての総合体育館を建設予定。
建設3年・利活用15年を含めたPFI方式で、まもなく発注とか。
こちらは、昨今の事情もあり、難航しているとのこと。
31年オープン予定で進んでいるそうです。どうなるかな。。。
0114aeaa3f887a59f0c3dc7c01c2bcb822bba893ab






若い世帯も多いので、大型遊具や噴水広場は親子連れでにぎわっていました。
0173a5fdc24347375b9c32d5a0bd6e69adb53e0cff





発災時における拠点利用計画もたてられており、防災に対しての意識は高いものと思われました。
防災士の資格取得に対しては、市で6万円の補助を出しているとのこと。
龍ヶ崎市などでも行われていますが、つくば市でも導入できるようにしたいです。

最後に話題の「カミスココくん」
茨城県の形をした顔の指差した赤いところが神栖市だよ〜
image

総合運動公園は白紙撤回表明

山本みわです。

2日の定例議会開会にあたり、つくば市長は、市総合運動公園計画をめぐる住民投票で
反対が多数を占めたことを受け、計画の白紙撤回を正式に表明しました。

以下、要旨。

  仝什濘覆瓩討い訌躪膠親宛園に関する計画は白紙に戻すこととし、現基本計画及び、
    基本設計に基づく新たな事業の執行は行わない。

  ∧神27年度分として、内示をもらっている補助金9600万については辞退する
    こととして、国・県などの関係機関と具体的な手続きを進める。

  市内スポーツ施設のあり方等について引き続き総合的見地から検討していく必要
    がある。スポーツ環境の整備・充実については、市民・議会等より具体的な意見・
    提案を受けた上で、協議・検討を進める。

  し弉菽呂砲弔い討蓮∈8紂運動公園以外の活用についても検討したい。


  ィ横娃隠糠茨城国体の体操・新体操競技会場と内定していたが、つくば市内で開催
    基準を満たす施設がないことから、辞退する。


ちなみに、8月2日に行われた「(仮称)つくば市総合運動公園基本計画及びこれに係る
市費の支出の賛否を問う住民投票」の結果は、

  投票率 47.3%  反対63,482票(80.8%) 賛成15,101票(19.2%)

  ※参考までに昨年末の県議会議員選挙の投票率は56.85%、
                  前回の市長選の投票率は54.54%

市民の皆さんの関心が高かったことと、市政に関わっていこうという意識が醸成されたこと
はつくば市にとって大きな転機を迎えたのではないかと思います。

白紙撤回により、市内スポーツ施設のあり方について検討されなくなってしまうことは、
避けたいと思いましたので、について今後どのように議論されていくのか、私自身も
しっかりと尽力してまいりたいと考えます。
「健康増進」「まちづくり」を重視した「スポーツ推進計画」の地に足の着いた着実な実現
を目指してまいります。

9月議会一般質問

山本みわです。

9月議会が9月2日に開会しました。
一般質問は9日(水)、10日(木)、11日(金)の3日間
午前10時より開会。
今回は18人の議員が一般質問を行います。

山本みわは、2番目で、9日11時ころからの予定です。
今回の質問内容は以下の通りです。

1.スポーツ推進計画について
  総合運動公園の整備を進める上で根拠となっていた「つくば市スポーツ推進計画」
  について、進捗状況と今後の取り組みについて伺います。

  (1) スポーツ活動の課題としてあげていた項目についての取り組みの進捗状況に
     ついて
  ア、スポーツ実施率の向上
  イ、スポーツ実施率に関する継続的な統計調査法の確立
  ウ、女性のスポーツ参加を促す施策の必要性
  エ、30代から50代の成人に対するスポーツ参加を促す施策の必要性
  オ、市民が身近にスポーツをすることができる環境の整備
  (2) スポーツ施設の現状と課題について、今後の取り組み



2.まち・ひと・しごと創生総合戦略について(ワークライフバランス)
  つくば市まち・ひと・しごと創生有識者会議での総合戦略作成の議論も深まっている
  ところですが、「若い世代の結婚、出産・子育ての希望をかなえる」との政策の基本目
  標への取り組みについて市の考えを伺います。

 (1) 特に政策パッケージとして挙げられている「結婚・出産・子育ての支援」「ワーク
    ライフバランス」について、市民意識調査の結果を踏まえてどう現状認識してい
    るか。有識者会議での意見はどうなのか。
 (2) 子ども・子育て支援プランの進捗状況について
 (3) 放課後子ども総合プランの推進について


3.公務員宿舎削減計画によるつくば市への影響と対策について
  公務員宿舎の処分はつくば市のまちづくりに大きな影響を与えることから、単なる宿
  舎処分ではなく、都市再生として位置づけ「つくば中心市街地再生推進会議」による
  提言に基づき進められているものと思いますが、その後の進捗状況について伺います。

 
4.地域公共交通のあり方について (つくバス・つくタク)  
  現在のつくバス・つくタク導入から5年目になりますが、つくば市の地域公共交通の
  あり方について市の考えを伺います。

 (1) つくバス・つくタクの実績について
 (2) 平成28年度以降のつくバス・つくタクのサービス内容について
 (3) つくば市地域公共交通網形成計画策定の手順と検討課題について


5.防災訓練について  
  9月1日は防災の日。今年度はつくば市として初のシェイクアウト訓練が行われます。
  シェイクアウト訓練は、多くの市民が、訓練開始の合図でいっせいにそれぞれの場所
  で自身の安全確保を行い発災時の基本行動を改めて確認することによる「自助」の
  高揚を促すことを目的とした自主参加型のいっせい防災訓練です。取り組みの経緯
  と概要、成果について伺います。

つくば市総合運動公園整備について

山本みわです。

私の考えを記しておきます。

「総合運動公園整備予算に対して、賛否棄権」

一昨年(平成25年)の9月議会に総合運動公園整備基金条例案が
提出され、明るみにでてきた総合運動公園整備事業ですが、私、山本みわは

アクセスの課題➡公共交通網の全面見直し
公務員宿舎廃止、高齢化を見据えた中長期財政の見通しの公表
老朽化が緊急課題のその他すべての公共施設に対するマネジメント(全施設の維持管理)の必要性

この3点について、この間、議会質問等を通して、市に対し明解な回答を求めてきました。
しかし、粗々の進捗報告は受けていたものの、市民に対し情報公表されなかったため、説明不足であるとし、今年の3月議会での総合運動公園整備に関する予算項目について、賛否を棄権いたしました。

その後、「中長期財政の見通し」が公表され、国からの補助金も内示がありました。公共施設マネジメントについても今年度着手され、公共交通網の新たな検討も始まりました。

「住民投票には“見直し”をいれた3択を主張」

住民投票請求の内容が、非常にわかりにくく、「問題提起した部分が解決されればいい」とか、「見直しをしてほしい」など多様な意見を反映するためには、「賛成」「見直し」「反対」の3択であるべきだと公明党は 主張しました。しかし、特別委員会で決定した採決をひっくり返すという横暴が行われました。

「大幅な見直しは必要!チャンスは活かし、市民のための議論を!」」

つくば市全域の全体観に立って、チャンスはチャンスとして、真摯に検討し、必要なものを無理なく、有効に活かしていけるか見極めていきたいと考えます。極端に白紙撤回などするのではなく、もっと議論が深められるようにしたいという思いを込めて、つくば市総合運動公園基本計画には「賛成」してまいります。

「きずなメール」導入実現しました!

6月議会






山本みわです。
昨日から、つくば市議会6月定例会 一般質問が始まりました。
私は2番目の登壇。
質問項目は5項目。

1.きずなメールの導入について
2.保育士確保について
3.シティセールスについて
4.防災備蓄について
5.生活困窮者支援について

今日はまず、「きずなメール」の導入のご報告から。

きずなメールは産前産後ケアの「孤育て」予防の取り組みとして、昨年9月議会で提案いたしました。
 田村けい子県議会議員との協同で取り組んでおりますが、
このほど、茨城県が国の「地域少子化対策強化事業交付金」を活用し、モデル事業として導入!
県内10市町村の選定につくば市も通り、「つくばde子育てすくすくメール」として7月1日よりスタートすることになりました。
このモデル事業は、立ち上げの初期費用を全額、県が持ってくれるもので、今年度の反響を見て、市として事業継続(市負担)していくか決めるものです。

若いママさんたちとの、署名・要望活動が実ったものです!


出産予定日だけで、他の個人情報の入力なく登録できます。
登録すると、以下のようなメールが妊娠期には毎日、産後には3日に1度のペースで届きます。
018e58913acce2cb21d58877b4bf3b2faa64de9a1701610727a62178bc7c25e25a0636ee574d59d32453











妊婦の方や乳幼児の保護者が、安心して出産や子育てができるように、おなかの赤ちゃんの様子や産後のお子さんの成長・発達、子育てサービス等タイムリーな情報をメールマガジン形式で。
。内容は、産婦人科医、助産師、小児科医、歯科医、管理栄養士という大勢の専門家の協力を得て、原稿が作られていますので、安心です。

このメールは、NPO法人きずなメール・プロジェクトが運営しています。
きずなメールプロジェクト


先進取り組みの文京区、江東区、中央区、相模原市などでは、好評で、読者アンケートなどによると
満足度97%の圧倒的な支持が得られているようです。

文京区子育て応援メール 読者アンケート結果(平成26年度)

また、メールを通して、ご夫婦やご家族との会話が増え、コミュニケーション促進にも役立つ一面が。
詳しくは、7月1日付広報つくばに掲載されます。

プロフィール
ごあいさつ
子育て真っただ中!子どもを生み育てる中で"つくば"を永住の地と定め、「子どもたちの未来のために、今、自分にできることに全力で取り組みたい!」その思いから立ち上がりました。女性としての視点を大切にし「このまちにずっと住みたい!」といっていただける"つくば"を創ってまいります。皆様の力強いご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。
記事検索
以前の記事
話題別
ご訪問ありがとうございます
  • 累計: